Global Information site~siruzou

季節の野菜は栄養が濃い

サラダ

季節の野菜は栄養が濃いとよく言われます。

実際に比べてみると、栄養の含有量に違いがあることがわかりました。

健康にもいい季節野菜ならではの栄養を味わおう

特に大きく変化するのはカロテンやビタミンC。

これはあるデータによる野菜の栄養価の比較です。

ニンジンのカロテンを最も低い時期と最も高い時期で比べた結果は、半分以下に、

ジャガイモのビタミンCは、最も低い時期は、最も高い時期の2割程度しかありませんでした。

スポンサーリンク

ホウレン草も夏と冬では3分の1に、ブロッコリーでは約半分に減ったという報告もあります。

しかし、ミネラルのように季節の影響よりも、肥料や土地(土壌)の影響を大きく受ける栄養もあります。

季節を通じて含有量はあまり変わらないのですが、夏野菜に特徴的なみずみずしさは、夏という気候が作物を早く大きく成長させるため、水分量が多くなります。

栄養的には薄くなっているのですが、キュウリやナスなどは、水分の多い夏の時期はおいしく感じられますね。

このように、季節の野菜は、旬のものを出来るだけ新鮮な内に食するというのが健康には良いようです。

旬の野菜は値段も安いので、さらにお得です。

急速冷凍の技術は年間を通して旬の野菜の美味しさを可能に

しかし、旬の野菜は栄養価が高いのですが一年中旬の野菜だけを食べるという事は難しいものです。

そこでおすすめするのが市販の冷凍野菜です。
市販の冷凍野菜は旬の野菜を急速冷凍してあるので栄養の損失も少ないのです。

ほうれん草などは冷凍することでビタミンやミネラルなどの栄養が増えるといったことも報告されています。

結果として栄養価の高い野菜を旬以外の時期にも食べることが出来るのです。

生産技術の発展に伴い、一年を通じてさまざまな野菜を食べることができるようになりました。

ひと工夫で、旬の野菜を上手に取り入れたいですね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る