© バンドやるZooh!~バンド好きの仲間が集まる総合情報ポータル All rights reserved.

キース・リチャーズとチャーリー・ワッツにみるギタリストとドラマーの相性

バンドを組むときに一番重要なのは音楽的な相性の良し悪しです。ギタリストとして自分の個性をどれだけ表現できるか?は実はドラマーとの相性にかかっています。

ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズとチャーリー・ワッツが良い例です。

スポンサーリンク

ザ・ローリング・ストーンズのサウンドの鍵をにぎるのはチャーリー・ワッツです

US-MUSIC-ROLLING STONES▲チャーリー・ワッツのブレないドラミングは50年間変わりません

ギタリストにとって、自分がギタープレイをする上で、自分のリズム感やタイム感がドラマーとずれてしまうとなんだか気持ちわるいものです。それは一緒にプレイすればわかるはずです。

ザ・ローリング・ストーンズのサウンドの象徴はキース・リチャーズのギターだと言えますが、その土台になっているのはチャーリー・ワッツのドラムプレイです。

ザ・ローリング・ストーンズ結成のきっかけになった「ブリティッシュ・ブルースの父」ことアレクシス・コーナーのバンド、ブルース・インコーポレイテッドに参加していたことでチャーリー・ワッツはキース・リチャーズと知り合いました。

チャーリー・パーカーなどのジャズファンからロックンロールドラマーへ

サックスを演奏するチャーリー・パーカー▲サックスのチャーリー・パーカーのファンだったようです

サックスのチャーリー・パーカーなどのファンであり、当初はジャズドラマーとして活動していたチャーリー・ワッツですが、キース・リチャーズらとの出会いでシカゴブルースに目覚め、メンバーからの説得でバンドに加入しています。

2001年秋にはチャーリー・ワッツ・アンド・ザ・テンテットとして来日公演も行なっているほどジャズに傾倒しているチャーリー・ワッツです。

ザ・ローリング・ストーンズの初来日時にも唯一、ジャズ雑誌のインタビューだけに応じていました。

「自分はジャズ・ドラマーだと思っている。ジャズ・ドラマーがたまたま世界一のロックバンドにいるだけ」というコメントを残しているほど、ロックドラマーとしての意識がない彼がどうしてザ・ローリング・ストーンズのメンバーとして活躍しているのでしょうか?

スポンサーリンク

キース・リチャーズはことあるごとにザ・ローリング・ストーンズの成功はチャーリー・ワッツの成功なくしては語れないとコメントしています。

チャーリー・ワッツのプレイは特徴的で、スネアを叩くときにハイハットを叩く右手のスティックは「ピタッ」ととまるのがお決まりです。

ライブでも常にクールに叩く様子がわかり、アツいロックバンドとしては不思議な光景でもあります。

キース・リチャーズがチャーリー・ワッツのドラムに信頼をおいているのはブレずに、派手なおかずをいれないシンプルなプレイにあるといえます。

バタバタと叩きまくるドラムではザ・ローリング・ストーンズのロックはできないのです。

TOTOの洗練されたサウンドの秘密はジェフ・ポーカロとスティーヴ・ルカサーの相性にあり

▲TOTOというバンド名をスティーヴ・ルカサーは気に入ってなかったんだとか

シンプルなロックンロールバンド以外ならばどうでしょうか?たとえばTOTOのドラマーとして活躍したジェフ・ポーカロとギタリストのスティーヴ・ルカサーの相性は抜群です。

TOTOのサウンドの特徴となっている「ハーフタイム・シャッフル」と呼ばれるリズムパターンはジェフ・ポーカロの代名詞で、バスドラムのパターンにボ・ディドリーのジャングルビートを取り入れた独自のものです。

代表曲「Rosanna」のAメロで特に強調されている、3連ゴーストノートによるハネたリズムがTOTOならではの楽曲の要になっています。

通常の8ビートや16ビートの曲においても独特のノリがありますが、そこに乗ってくるスティーヴ・ルカサーのギターはいかにもスタジオミュージシャンといった洗練されたもので、曲には一切泥臭いニュアンスを残していません。

ジャングルビートを取り入れていながらも洗練されたAORになっているというのは、ジェフ・ポーカロとスティーヴ・ルカサーの演奏のマッチングの良さに理由がありました。

残念ながらジェフ・ポーカロは若くしてこの世を去りましたが、ロサンゼルスのミュージシャンをはじめ世界中のドラマーからも影響を語る声が聞かれます。

スティーヴ・ルカサーは誰が相手でも弾いてくれる?

ギタリストのスティーヴ・ルカサー▲良くも悪くもプロの職業ギタリストという感じのスティーヴ・ルカサー

ちなみに昔バンド仲間の間では、スティーヴ・ルカサーはワン・テイク5万円でレコーディングに参加してくれるらしいという情報を聞きましたが本当だったんでしょうか?ただし絶対ワン・テイクしか弾かないとか。おそらく都市伝説ですがありえなくもないですよね。

アマチュアバンドをやっていたらメンバー募集などで最初からバッチリ合うドラマーと出会うのはむずかしいですよね。ただでさえ見つからないドラマーを選り好みするのは大変ですが、やはりバンドの土台になるのはドラマーです。

ギタリストとしていかに輝けるのかを考えて、自分はどんなドラマーを求めているのかを知ることがバンドを成功させる近道です。YouTubeなどでいろんなジャンルのドラマーを見て研究してみるのも面白いですよ。

文・okamoto

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リッケンバッカーが好きなのはザ・ビートルズのファンだけじゃない!

ザ・ビートルズのメンバーが弾いていたことで有名なギター、リッケンバッカー。ザ・ビートルズのファンならずともオールドロックファンなら一度はあこ…

進化するギタリストのためのスマホアプリ~自動でチューニングOK!

いまや毎日の生活になくてはならないのがスマホです。せっかくのなので、音楽活動にも生かしてみませんか?今回は「ギタリストがスマホにぜひ入れてお…

オブリガードでカッコよく決めるならオーティス・レディングを聴くべし

ボーカルを活かす歌ものバンドで、ギターを弾くときにギタリストの腕の見せどころなのが曲のあいまに弾くオブリガードです。 でもどんなフレー…

ギターソロでお客さんの視線を釘付けに!~ソロが映えるインスト曲

ギタリストなら、一度はライブのステージで長いギターソロを聴かせたいものです。ゲイリー・ムーア、カルロス・サンタナ、B’zの松本孝弘まで、ギタ…

クラウドファンディングを利用して音楽活動するアーティストが激増中

「クラウドファンディング」をご存じですか?カンタンに言うとやりたいことのためにお金を集める仕組みのことです。実はいまこの仕組みでCDを作った…

ページ上部へ戻る