Global Information site~siruzou

海外で働きたいなら海外赴任を選ぶ方法がオススメです

Project

海外で働きたいという方にとって、おすすめの方法の一つが「赴任先に外国を選ぶ」ことです。

日本も近年外国への支店、営業所、工場などの進出が目立ち、グローバル化してきています。中小、大手問わず海外に事業所を構える企業は年々増加傾向です。
スポンサーリンク

日本の本社採用の扱いで生活水準や福利厚生は保障

海外赴任を狙うのであれば、まずは自分が働く企業、もしくは志望企業が海外に事業所を持っているかを確かめることが先決です。

企業のホームページを見れば必ず記載されているので、自分が行きたい先をここで見定めることができます。

また、最近は転職サイトなどの検索を利用すれば、海外で働ける人を募集している企業をピンポイントで探すこともできます。

日本の本社採用の扱いとなることがほとんどなので、生活水準や福利厚生は保証されることでしょう。
3
ただし、転職で海外赴任を狙うのであれば、ハードルは若干高めとなります。企業によってはビジネスクラスの英語力や、マネジメント経験、海外勤務経験などが条件に入っている場合もあります。

技術職なら語学や年齢が不問

上記に挙げた経験、スキルを特に問わないのは技術職です。東南アジアを中心に日系企業は続々と工場を建設しています。

日本が天災に見舞われた際や為替が大きく変動したときのリスクヘッジのために、人件費の安いアジア諸国に工場を移転している傾向が見られます。
スポンサーリンク

海外工場では必ず日本人の技術者を雇用します。語学や年齢は不問ですし、住宅手当に給与、賞与、福利厚生とかなり手厚い待遇を受けることができるでしょう。

一方欧米諸国では営業兼支店の運営が主な業務となるので、相応の語学スキルが求められます。

チャンスはいくらでもある

海外赴任を希望される場合は、まず自分のスキルと経験を見つめなおすことが肝要です。

日本人の多くは、まだまだ海外勤務に抵抗があるので、そこで挙手をすれば、きっと大歓迎されることでしょう。

また、仮に募集条件にマッチしていなくとも、面接の内容次第では合格することも多々あります。

中小企業にはこの傾向が特に強く、とにかく現地で生活できる日本人を欲しているので、チャンスはいくらでもあると言えます。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る