Global Information site~siruzou

本物の投資家は起業家でもある – バフェットの子供時代のエピソード

Increases price screen of stock market

投資家と聞いて多くの人が連想するのは、おそらくウォーレン・バフェットでしょう。

「投資の神様」と言われている人で、約6.5兆円の資産を持っています。

ここではそんなウォーレン・バフェットの人物像を紹介します。

スポンサーリンク

6歳にしてビジネスを始める

バフェットが6歳で始めたのは「コーラの販売業」でした。親や祖父母から買ってもらったコーラに、数セントの値幅をつけて、人に売っていたのです。

売る相手は、たとえば工事現場の労働者など「数セント高くてもいいから、今すぐコーラを飲みたい」と思っている人たちです。

そうした人達の所に冷えたコーラを持っていけば、6歳の子供ということもあって、数セント高くても彼らは買ってくれたのです。

それをたくさん販売すれば、数セントが積もってそれなりの金額になります。こうしてバフェットは最初のビジネスをスタートさせたのです。

ここで注目したいのは「最初から自分のビジネスをしていた」ということです。普通、6歳で働き始めると言ったら、できたとしても大人からお給料をもらう「労働者」としての仕事でしょう。

それだけでも十分すごいのですが、バフェットは誰からも雇われず、自分で「起業」をしたわけです。もちろん、コーラ自体は親や祖父母が買ってくれていたのですが、これは称賛に値することだと言えます。

コーラの次はガムのセット販売

コーラの販売以降も、小学生のバフェットはどんどんビジネスを展開していきます。有名なものは「ガムのセット販売」です。

いろいろな味のガムを買ってきて、それらを1個ずつ取り出してセットにし「いろんな味が楽しめるガムセット」として売りに出したのです。

もちろん、1個当たりの値段は仕入れ時より高くしています。

これも同級生や近所の子供達の間でバカ売れしました。今でこそよくあるセットではありますが、当時はアメリカでもそのようなものがなかったのです。

スポンサーリンク

小学生が、卸問屋ではなく普通の商店でガムを買って、それにこんな付加価値をつけて売ってしまうというのは、本当に驚異的なことです。こうしたところにもバフェットの才覚が現れています。

真の投資家はビジネスマンである

もしかしたらこのコラムを読んで下さった方の中には、「そういうビジネスの話はどうでもいいんだ。俺は投資をしたいんだ。バフェットの投資のコツを教えてくれ」と考えている方もいるかも知れません。

気持ちはわかりますが、実は、ここまで書いてきたようなことが、バフェットの「投資のコツ」なのです。つまり、「投資のコツ=ビジネスマンとして一流になる」ということです。

肩透かしを食らったような気持ちになるかも知れませんが、これが真実なのです。

バフェットは株式投資について「その会社について一本の論文を書けるという自信がなければ、株を買ってはならない」としています。これが本来の株式投資なのです。

もちろん、そこまで勉強しなくても、デイトレードやスイングトレードといった手法によって、株式投資で成功している人もいます。

しかし、B.N.Fさんなどの(実はちゃんと勉強している)一部の例外の方を除けば、こうした方は数年間成功していても、徐々に稼げなくなって相場から退場する、ということがよくあります。

(YouTubeなどで、そうした方の涙の引退映像がアップされています)

バフェットのように勉強をしないでする株式投資というのは、投資ではなく投機(ギャンブル)であり、パチンコやスロットと何も変わりないのです。長期的に安定して稼ごうと思ったら、どうしてもどこかでバフェットのような勉強をする必要があるのです。

自分が起業家であるからこそ、成功する起業家を見抜ける

そもそも株というのは、本来「その会社を応援する」という気持ちで買うものです。では、どんな会社を応援するべきかといったら「これから社会に必要とされる会社」となるでしょう。

ということは、それさえ見抜くことができて、そこに投資していたとしたら、一時的にその会社の株価が落ちようと、まったく気にすることなく保有し続け、いつか高値で売れるわけです。

そのように成功する会社をどう見抜くかといったら、それは経営者の人物を見抜くことが最重要なのです。

会社を成長させるのは建物でも設備でもなく、経営者なのですから、経営者の人物を見抜けるかどうかが一番重要なのです。

今の時代、どの会社でも経営者がブログを書いたりメルマガを書いたり、書籍を出版したりして自分の思いを述べています。

それを読んでいて、この人は見込みがある、と思った会社に投資するというのが、バフェット式の本来の株式投資なのです。

自分が大きい人物であれば、大きい人物を見抜けます。バフェットのような投資家になりたければ、まずは自分が大きな人物になることが大事なのです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る