Global Information site~siruzou

カテゴリー:音楽ネタ

ライブハウスを経営したい!~アコースティック・ライブカフェの実例

ピアノのライブのイメージ

「ライブハウスを経営したい」と思っている音楽好きの方は多いでしょう。 しかし、飲食店や美容院などの経営と違い、書籍でもネットでも情報が少ないのがライブハウス経営。

詳細を見る

大物ミュージシャンたちの意外な活躍~これがあの人のサウンド!?

ロックコンサートの会場

華やかな音楽シーンを引っ張るスターたち。彼らは自分の名義で歌い、演奏しているだけだと思っていませんか?しかし、彼らは意外と働き者なんです。意外な場所で活躍する彼らの意外な仕事をチェックしてみましょう。

詳細を見る

超親日家な海外ミュージシャンたち~母国よりも日本が最優先!

東洲斎写楽 大谷鬼次と富士山のイメージイラス

音楽界には多くの親日家アーティストがいます。なかには日本を愛しすぎるゆえに、母国よりも日本でのスケジュールを優先してしまう海外ミュージシャンまで…。 こんなに愛されているのに私たち日本人がそのことを知らないのはちょっと失礼ですよね。

詳細を見る

こんな邦題あり?~「ベイビー、入れ歯を外してみな」「鼻クソマン」

No2-2-037 01

最近はあまり見かけなくなってしまいましたが、十数年ほど前まで、海外アーティストのCDを買うと必ずといっていいほどに変な邦題がつけられていました。

詳細を見る

大物アーティストのチケットは高い!~格安なライブハウスがオススメ

No2-2-27 01

今年は大物アーティストの来日ラッシュの年となっています。ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ジョニー・ウインターにボブ・ディラン…世界の超大物アーティストたちの来日公演が集中しています。

詳細を見る

和楽器ミュージシャンたちが繰り広げる新しい音楽の世界

22-2-16 01

音楽の世界では洋楽・邦楽という分け方があります。海外のポピュラー音楽と日本国内の音楽を分ける呼称ですが、本当の“純邦楽”と呼べるアーティストの活動がここ数年目立ちます。

詳細を見る

覆面バンドがいまとってもアツい!~その人気の秘密を徹底検証

2014.04.04

1件

22‐2‐08 01

個性がものをいうロックバンドの中で、あえて個人個人の姿を隠して活動する“覆面バンド”。かつてその意味は、有名バンドが別名でライブをおこなう時などに使われていましたが、今では文字通り覆面を被って活動するバンドが増えています。

詳細を見る

ヴァイオリンを大人が始めるなら~大正琴を使った目からウロコの練習法

model_kyuusou

ヴァイオリンは楽器の中でも最も難しいと言われるものの一つです。 この楽器の微妙な音感に適応してプロになるには、3才~5才には始めていなければいけないとも言われるくらい、小さい頃からの経験が必要な楽器です。

詳細を見る

これがバンド名なの!?~「忘れらんねえよ」「水中,それは苦しい」

22-4-01 01

最近、変な名前のバンドが増えてるって知ってますか?「えっ!?これってバンド名なの?」と思っちゃうような変わったミュージシャンたちを紹介しちゃいます。

詳細を見る

ライブビューイングをご存知ですか?~ライブの現場とどう違う?

22-2-02 01

最近、ロックアーティスト、アイドルのライブのみならず、アニメイベントや演劇などでも定着してきた感のある「ライブビューイング」。

詳細を見る

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

ページ上部へ戻る