Global Information site~siruzou

バイク天国ベトナムで旅を楽しむならレンタルバイクを借りよう

68 旅慣れた方はバイクをレンタルしよう (1)

バイク天国と呼ばれているベトナムは、右を見ても左を見てもバイクだらけです。

信号待ちをしていると、バイクが続々とやってきて、信号が青になったのを見計らって数十台のバイクが波のように動き出します。そんなベトナム旅行ではバイクの旅を楽しむことができます。

ホテルかレンタバイク屋で借りる

バイクをレンタルする方法は2つ。一つはホテルに依頼することです。すべてのホテルで受け付けているわけではありませんが、安めのホテルでは大抵レンタバイクのサービスがあります。

二つ目の方法はレンタバイク屋に直接足を運ぶ方法です。ホーチミンであればファングーラオ通りに、その手の商売をしているお店がいくつか並んでいます。

スポンサーリンク

レンタル料金は1日約700円程度

バイク屋さん
レンタル料金は1日当たりで計算され、約700円程度です。レンタルする場合は盗難防止のためパスポートを渡すか、300ドルから500ドル程度のデポジットを預けなければなりません。

パスポートを渡すのが不安だという方は、デポジットを支払いましょう。こちらはバイクを返却すると同時に全額返金してくれます。

バイクの種類はオートマチックとマニュアル(足でギアを切り替える)を選ぶことができ、オートマチックの方が若干料金は高くなりますが、初心者の方はこちらがおすすめです。

また、日本のレンタカーと異なるのは、最初はガソリンがほぼないことです。ですので、まずはガソリンスタンドに立ち寄って必要量を補充しましょう。

スポンサーリンク

大きい乗り物が優先される

バイクを運転する際の注意点としては、ベトナムでは大きい乗り物が優先されるということです。

歩行者よりもバイクが優先され、バイクよりも車、車よりもトラック、トラックよりもバスが優先されます。


▼レンタルバイクで走っている様子

バスや車の前を走っていると、クラクションの嵐となりますので、その場合は大人しく道を譲ってください。交通規則に疎いベトナム人もヘルメットだけはしっかりと着用しています。

ノーヘルだとすぐに警察に捕まってしまうので注意してください。警察に捕まった場合は、基本は言葉が理解できない素振りを貫き通せば、1000円程度の罰金で見逃してくれるはずです。

最悪バイクを没収されることもありますので、くれぐれも安全運転をして警察に目を付けられないようにしてください。
スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る