Global Information site~siruzou

夜は日本食レストランで昼は自動車修理工場というインドネシアのお店

24-1

インドネシアに限らず海外に住む日本人にとって、日本食ほど恋しいものはないと思います。

日本食は世界中で人気がありますので、ジャングルの奥地でもない限り日本食レストランを見つけることができますが、現地レベルで生活している人にとっては高値であることが多く、頻繁には行けるものではありません。

自炊をするにしても日本の調味料全般は輸入品価格で、思うように作れないのが悲しいところ。

現地の品で代用してみれば、それはすでに日本食ではなく、限りなく日本食に近い別の国の料理になってしまいますので、代用品の限界を感じてしまうこともしばしばです。

そのため海外在住の日本人は安くておいしい日本食レストラン情報を常に探しており、私も友達からの口コミを頼りにいろんなお店を試しています。

スポンサーリンク

「ワルン・ベンケル」を和訳すると「自動車修理工場食堂?」

このお店を知ったのは同じくバリ島在住日本人の友達からの情報でした。

ローカルの地・デンパサール地区のトゥク・ウマール通りのシンパン・ウナムと呼ばれるロータリーのすぐ近くに位置します。

お店の名前はワルン・ベンケル、ワルンとはインドネシアの食堂のことであり、通常であれば「ワルン・ほにゃらら」といった風に独自のお店の名前をつけるのが一般的ですが、ベンケルというのはインドネシアの自動車またはバイク修理工場のこと。

どんなものかと思って入ってみると…。

先にあるものはなんでしょう?

なんでしょうかこの空間は?お店の奥まで進むとワルンのような光景が見えますが…。

奥に明かりが見えます

スポンサーリンク

しかしすぐ横を見れば車のリフトがあります。
お店の横に車があります
車のリフトです

あまりにもシュールなこの光景、一体誰が自動車修理工場とワルンのコラボレーションを予期したでしょうか? 

ここはなんと昼間は普通にベンケルとして稼動しており、夜になるとワルンに変身する摩訶不思議な日本食ワルンのお店なんです。 

予想外においしい日本食はオススメです

なんだかよく分からないコンセプトにまったく味を期待していませんでしたが、なんとこれがどれを注文してもおいしい日本食が出てくるじゃありませんか!

おいしいカツ丼が出てきます
カレーもおいしいです

カツ丼、そしてチキンカレーはそれぞれ日本円にして200円ほど、しっかり日本の味がするお勧めメニューですが、日によってカレーのルウが薄かったりするのはご愛嬌。

このほかにも、なぜか卵焼きが入ったうどんやチキンカツもおいしく、何を食べてもまさに日本の味でコストパフォーマンスもいいのです。さらには日本ではありえないビューを眺めながらシュールな食事が楽しめます。

バリ島で一風変わった日本食レストランに行きたいという人に、ぜひお勧めしたいお店です!

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る