Global Information site~siruzou

海外の現地採用で「あなたの給与は現地の人の2倍」と言われたら?

40

海外で現地採用を希望して面接をした際、相手企業の担当から、「この給料は現地の平均給料の2倍以上だ」と言われることがあります。

そんな言葉を聞いたら、「安物買いされるな」と考えて、身を引くのが賢明かもしれません。

ベトナム人の給料の2倍といっても

例えば東南アジアのベトナム人の平均給与は約500ドルです。そこから税金が引かれますので、手取りは約400ドル程度。

日本で言えばアルバイト以下の金額ですね。

スポンサーリンク

あなたがベトナムで面接した際に提示された給与が月収が1000ドルとします。手取りはおそらく900ドル程度になります。

安いな、と思った矢先、面接担当者が、「ベトナム人の給料は平均で500ドルだからね。その二倍だよ。十分生活できる」
と説明してくることがあります。

ここで、「なるほど」と思ってはいけません。

ベトナム人と同じ生活は難しい

給料をもらって喜ぶ現地の人
まず申し上げたいのは、「自分達は日本人だから、ベトナム人と同じ生活はできない」ということです。

ベトナム人のように、毎日屋台でフォーを食べる生活は日本人にはできません。

週に何度かは日本食レストランに行きたいですし、休日は冷房の効いたカフェでゆっくりしたり、映画を見たり、旅行に行ったりしたいですね。すると、到底1000ドルでは足りません。

現地採用者を安く採用したい場合、このような、ベトナム人の給与と比較する方法が面接官の常套手段となります。

スポンサーリンク

日本人がその国に移住したときに必要な生活費を調べることが大事

あなたは、ベトナム人のようなローカルな生活をするために海外に移住を決めたわけではありませんし、バックパッカーのような貧乏生活をするためでもありません。

この手の企業にひっかからないためには、まず日本人がその国に移住したときに必要な生活費を調べることです。

外国人が海外で暮らすということは、それだけ生活費がかかりますので、現地の人々と一緒にされては到底生活できません。

彼らは日本人が外国で暮らすに必要な生活費を熟知しているはずです。その上で、このような給与の提示をしてくる企業は、あまり信用できません。

仮に内定をもらっても、後日丁重にお断りを入れるのが賢明な判断と言えるでしょう。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る