Global Information site~siruzou

海外で現地採用として働きたい~でも、どうやって働く国を選ぶ?

34

日本の本社勤務から、海外勤務を通達された場合は、国を選ぶことはできませんね。

しかし、身一つで海外に渡って、東南アジアの現地で職を探す『現地採用』を選ぶのであれば、事前に働く国はこちらで選ぶことができます。
スポンサーリンク

現地に足を運んでから探す方法

国を選ぶ方法は主に二つ。

一つは、とりあえず東南アジアの現地に足を運んで、そこの日本人向け情報誌で求人を探したり、人材紹介会社に斡旋してもらう方法です。

この場合は、現地のリクルートや求人情報サイトでは見つからないような求人も多数あります。

例えばベトナム現地発行のフリーペーパーの求人欄を見てみると、同国のみならず、カンボジア勤務の求人などもよく見かけます。

また、現地の人材紹介会社に依頼すれば、日本からでは見つけられない求人案件を多数紹介してくれます。

日本で探す方法

もう一つの方法は、日本で探すことです。こちらは安全な方法と言えるでしょう。

勤務先が見つかるまで日本で生活することができますし、現地に移住してから探しても、なかなか自分に合う求人が見つからず焦ることもあります。

ただし、日本で海外勤務の求人を探す場合は、リクルートやマイナビなどの大手の転職サイトを活用することになりますが、このほとんどはハードルはかなり高めです。

年収が高いのは魅力ですが、条件に「ビジネスレベルの英語力」、「海外勤務経験三年以上」、「会社の立ち上げ経験がある人」などが挙げられます。

ほとんどの求人企業が大手ですし、即戦力を求めているので、このような条件が最低ラインとなります。

それ以外にも、日本で話を煮詰めて、現地で面接をするという方法もあります。
スポンサーリンク

目的別に考える国の選び方

海外で働く日本人
東南アジアで働きたいという人は、「海外でスキルアップしたい」という方と、「異国の地でのほほんと暮らしたい」という方に分かれます。

前者であれば、新興国の中でも成熟しているシンガポールやタイのバンコク、マレーシアのクアラルンプールなどがおすすめです。

その国のGDP、インフレ率、治安、既に進出している日系企業の数、暮らしやすさなどを総合的に鑑みて選びましょう。

タイでは語学スキル不問の求人が多い

例えばタイは、すでに7000社近くの日系企業が進出しています。

市場は飽和状態でありながら、業種によっては入り込んだり、開拓する余地はまだまだあり、また7000社を相手にできる業務内容であれば、日系企業のみの顧客で会社の運営を賄うことができるでしょう。

よって、タイでは語学スキル不問の求人が多いのが特徴となっています。

このように、当該国の市場を模索することが大切となります。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る