Global Information site~siruzou

世界遺産巡りに出かけるならベトナムの中部旅行はいかが?

81 世界遺産巡りに出かけるならば中部旅行 (1)

ベトナム旅行者の8割はホーチミンを選ぶと言われています。

しかし、最近注目されているのが中部旅行です。

中には「中部って何があるの?」と首を捻る方もいるかと思いますが、中部地方にはベトナムの名だたる世界遺産が集中しているのです。

ベトナム国内には計7つの文化遺産と自然遺産が世界遺産に登録されています。その中の実に4つが中部に集中しているのはご存知でしたでしょうか。

しかも嬉しいことに、その4つはどこもダナンを拠点にすれば、比較的近場に存在しているのです。

世界遺産が眠る「フエ」と「フォンニャケバン国立公園」

文化遺産「フエ」
例えばダナンから北上すること約3時間。辿り着くのは世界遺産が眠る街「フエ」です。

スポンサーリンク

フエの建造物群は1993年にベトナムで最初に登録された文化遺産で、現在も年間を通して多くの観光客が押し寄せます。

さらにフエから250km北上したところに、「フォンニャケバン国立公園」があります。

2003年に自然遺産に登録された新しい観光スポットで、国立公園内に点在する岩山や鍾乳洞は4億年前から存在していたとされ、現在調査中の段階にも関わらず、すでにアジア最古の遺産として研究者から注目を浴びています。

文化遺産登録のホイアンの街並みと「ミーソン遺跡」

一方ダナンからタクシーで30分ほど南下すると、ホイアンと呼ばれる町に到着します。ホイアン中心市街の古き良き町並みは1999年に文化遺産に登録されました。

スポンサーリンク

日本とも友好関係を持ち、ホイアンの象徴とされている日本橋は、ガイドブックでもお馴染みのスポットとなります。

さらにホイアンからバスで40分ほど走れば、チャンパ王国の聖域とされている「ミーソン遺跡」が見えてきます。

ホイアン同様1999年に文化遺産に登録され、ベトナムでは珍しいヒンドゥー信仰の面影をうかがうことができます。


▼ミーソン遺跡


4日間ほどの滞在期間を確保できれば、上記の4つの世界遺産を網羅することも可能です。効率よく周りたい方はツアーに参加することをおすすめします。

世界遺産通の方や、弾丸旅行を試みたい方は、ぜひ中部世界遺産を巡ってみてください。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る