Global Information site~siruzou

ほとんどの売り手がやってない?意外な内覧の重要ポイント5つ!

マイホームの購入を検討する夫婦

「内覧で買い手に好印象を持ってもらう」ということは、物件を売却する上でとても重要なことです。

『知る蔵』では以前、下のように「重要なポイント」をまとめましたが、今回は「意外と見落としがちなポイント」についてお話しします。

【以前の記事】
内覧で購入希望者に好かれる、3つのポイント

見落としがちな内覧のポイント一覧

まず、一覧にすると下のようになります。↓

・BGMを流す
・窓は開けておく
・「自然光が入る時間帯」に案内する
・床暖房があればつけておく
・「会話」を重視する

というものです。以下、それぞれ詳しく説明します。

スポンサーリンク

BGMを流す

これが最も実行されていないコツの一つです。

基本的に、お客さんを自宅や車の中に招いた時は、BGMをかけるというのが必須です。

これはたとえば居酒屋や喫茶店などを想像していただくとわかります。

これらのお店で、BGMがない場所などどこにもないでしょう。

歯医者さんでも美容院でもBGMは必ずあります。

音楽があると、それだけで沈黙が気にならなくなるのです。

また、静かな部屋だと自分の声が過度にクリアに響いてしまい、声を出すのに抵抗があります。

しかし、音が出ている環境であれば、その中で声を出すことにも、抵抗を感じずに済むのです。

窓は開けておく

基本的に、窓はすべて開けておきましょう。理由は、

・生活感や臭いを少しでもなくせる
・風通しの良さをアピールできる

ということです。

特に臭いについてですが、他人の家というのは絶対に何らかの臭いがあるものです。

どんなに日頃から清潔にしていても、当日ファブリーズなどで消臭したとしても、お客さんにとっては絶対に何らかの臭いがあるのです。

それを少しでも薄めるためには、やはり窓は開けるのがベストです。

また、たとえその時に風がなかったとしても、窓が開いているだけで「何となく風通しがいい」という感じがします。

「でも、特に夏や冬はエアコンを入れた方がいいのでは…」と思うかも知れません。

これは一理ありますし、状況によっては必要です。

スポンサーリンク

しかし、そもそも相手は「さっきまで外にいた」わけです。

内覧はそんなに長い時間ではありません。

なので、窓を開けて「外と同じ環境」にしても問題はないのです。

「自然光が入る時間帯」に案内する

これはつまり、

・東向きの物件…午前中に案内
・西向きの物件…午後に案内

ということです。

それ以外の時間に内覧希望が入っても、断るようにしましょう。

自然光が入っていると、それだけで物件の印象が良くなります。

「明るさ」は内覧で特に重要な要素で、「電球を新しくするといい」「すべての電気を昼でもつけるといい」などとよく言われますが、その中でも特に重要なのが「自然光」なのです。

(これは動物の本能によるものです)

自然光が差し込んでいる時間であれば、たとえばリビングの電気を消して「電気を消すとこのくらいの明るさですね」と言って、日当たりの良さをアピールすることもできます。

自然光が入らない時間帯に案内してしまうと、これができません。

なので、そうした時間帯のみで内覧を受けることが重要なのです。

床暖房があればつけておく

床暖房は大きな強みの一つです。

これがある時は、例え夏であっても事前につけておきましょう。

そうすれば、「この部屋は床暖房があって、つけるとこのくらいの暖かさです」ということをアピールできます。

「実際の暖かさを伝えることができる」というのも利点ですが「自然な流れで床暖房をアピールできる」というのが一番のポイントです。

「夏は暑いだろ」と思われるかも知れませんが、スリッパを履いていれば問題はありません。

一つの部屋にそんなに長く留まることはないですし、床暖房の温度を低めにしておけばいいですし、足先を温めるということは、夏でも気持ちがいいものですから、不快になることもありません。

「会話」を重視する

多くの売主さんができていないのがこれです。

内覧者の方とうまく世間話をしておもてなしをするのは、とても重要です。

もちろん、一番重要なのは物件そのものです。

しかし、どんなに気に入った物件であっても、売主の印象が悪ければ「あいつが住んでいた物件か」と思われてしまい、それだけで売るチャンスを逃してしまいます。

セールスではないので、内覧での会話によって「売れる」ということは少ないでしょう。

しかし「売れるはずだったチャンスを逃す」という「最悪の事態を避ける」ことはできます。

さらに、会話が盛り上がっていると、その物件の良さをアピールする時も、宣伝臭さがありません。

会話自体がポジティブになっているので、その流れで自然とポジティブな言葉が出てくるのです。

コミュニケーション力というのは、このような意外な場所でも役立つものなのです。

マンションを高く売るコツに関しては以下のページをご覧になってください。

マンション売却で絶対に失敗しない~高く売るための成功法則

まとめ

以上、ポイントをまとめると、

・BGMを流す
・窓は開けておく
・「自然光が入る時間帯」に案内する
・床暖房があればつけておく
・「会話」を重視する

というものです。
これからマンションや一戸建て(一軒家)を売却しようと考えている方は、高額売却を成功させるために、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る