Global Information site~siruzou

THEATRE PRODUCTSブランドの服が作りだす空間への光とは

No10-2-023 01

服のデザインや素材にスポットライトを当てるブランドは数多くあります。

しかし、服をとりまくさまざまなものに光を当て、ファッションの一部として昇華しているのはTHEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)をおいて他にありません。

服単体でなく、制作現場などもふくめてファッションとして発信する同ブランドの在り方は異色です。

しかし、だからこそコンセプトなどに潜む思想を知ることで、服への新たな関わり方を見いだすきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク

服に関わるすべてが舞台!?異色のブランド理念

THEATRE PRODUCTSは、制作や販売などファッションの存在するあらゆる場所を劇場に見立てるそうです。そして服を中心とした一つの舞台として考えることで、ファッションそのものについての考えを提示します。

生活空間のカモフラージュ▲たとえば上の画像は2011年春夏のコレクションですが、「CAMOUFLAGE」というテーマのもと「シアタープロダクツとしてのカモフラージュ」と「生活空間のカモフラージュ」2つのラインで制作されました。

ちなみに上の画像は後者のラインで、ショーの時はアンティーク家具が置かれた部屋からモデルが登場したそうです。服単体ではなく、空間もふくめてファッションと捉える同ブランドならではの演出と言えるでしょう。

服を着ると空間をまとう?コレクションで発信される「新たな気づき」

上記は服を着ることで風景に溶け込み、そしてカモフラージュによって風景そのものをまとう「空間を着る」面白さを提案したものです。服ひとつで変わる存在感のあいまいさを知り、考えるためのテーマだったのかもしれません。

2013春夏コレクション▲画像は2013春夏のものですが、今度は「THEATRE,yours」という同年に立ち上げた新プロジェクトと同じテーマのもと制作されました。ものの見方を変化させ、長く使うことを意識させるという意図があります。

プロジェクト自体は、服作りを知ることでファッションの新たな楽しさを発見してもらいたい、個人個人で楽しめるデザインの可能性に気づいて欲しいという思いから、はじまったそうです。

服を構成しているものが何かを考えるためのデザイン

ですからコレクションの服自体は、凝った作りのデザインにしていません。それどころか、販売されている生地をそのまま加工しただけのようなシンプルな出来上がりになっており、おかげで柄がひときわ華やかに見えます。

スポンサーリンク

服を細部まで作り込まないところに魅力を感じた、というのは上で述べた「ファッションの新たな楽しさ」の一つかもしれません。制作に焦点を当てたことで服について考えさせるのは、このブランドならではのやり方と言えるでしょう。

以上のことからわかるように、THEATRE PRODUCTSは服に関わるすべてをファッションとして考えています。ブランドの作品を見れば、きっと多くの人々が、服を構成するいろんなものを発見できるはずです。

考え方次第で無限の可能性をもつ

無限に広がるファッション

そして同ブランドのコンセプトやコレクションに触れて気づくのは、今までファッションとして関わってきたものの狭さです。単なる服のデザインや素材、ブランドの知名度やショーのモデルといったものだけを注目してきました。

ですが、一着の服の制作にはさまざまなものが関わっており、見方次第でファッションは無限に広がっていきます。服とは身にまとった人自身だけでなく、時間や空間といった要素さえ変化させるものと言っても過言ではないでしょう。

ですのでこれからはもっと広い視野をもち、多くの物事に考えを巡らしながら服を見るといいかもしれません。新たな視点を持つことで、きっとファッションに対する考えが変わり、新たな服の楽しみ方を見つけられるはずです。

人と服とのつき合い方、そしてその在り方とは?

また、素材だけでなく制作の過程や服をとりまく環境などに思いを馳せることで、物の消費に対しての考えを改めようと思うかもしれません。一人一人の関わり方が変われば、服をとりまく多くのことも変化していくでしょう。

その先にあるものが何かはわかりませんが、もしかすると今まで常識だった服の在り方が根本からくつがえる可能性もあります。生地を買って好きなブランドに持っていき仕立ててもらうのが常識、という未来もあるかもしれません。

何にしろ私たちは、一度服について考えてみる必要があるでしょう。日常的に用いるもの、生活に当たり前のように存在しているものだからこそ、今の在り方や楽しみ方でいいのかどうかに自分なりの答えを見つけなければなりません。

新しい視点を持つ

THEATRE PRODUCTSは、ユニークなコレクションやショーによって服に関するあらゆるものを舞台に上げます。そして同ブランドのプロダクトを目にした人々に、新しい視点を持たせてくれるでしょう。

服を通してファッションが持つあらゆる側面を知れば、今まで気づかなかった多くのことに目がいくはずです。そして「服を着る」とは単に生地を身にまとうことではなく、もっといろいろな要素を持った行為であると感じるでしょう。

ファッションを再発見したのなら楽しみ方は無限大に広がるはずです。ですから、衣服に込められた限りない面白さと事柄を感じるためにも、ファッションとの接し方について一度考えてみるのもいいのではないでしょうか。

By筒井

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る