Global Information site~siruzou

私がネットゲームで知り合った善人たち悪人たち~渡る世間は...

偽善者

10年くらい前にネットゲームにはまり、最近まで細々とプレイしてきました。

バーチャルな世界での出会いや出来事は、良い人、悪い人の差がクッキリと出る、まさに社会の縮図でした。

私の経験談を読んで、ププっと笑ったり、危機回避の参考にしてもらえると嬉しいです。

ネットの世界で女の子らしさはアダになる?

危険なことが多いのも事実ですが、少し気をつけていれば回避できる事もあります。

スポンサーリンク

まずは、基本の「個人情報は明かさない」。ハッキリと言わなくても会話(チャット)の内容からばれる事があります。

あとは、「思わせぶりな態度を取らない」です。

難しいところですが、親切にしただけなのに、トラブルに巻き込まれることもあります。

女の子らしさが良い事だと言い切れないのがネットです。

私が遭遇した不思議な住人達

長くプレイしていると、本当に色々なタイプの人に出会います。

その中でも多いのが、ものすごく真剣にゲームをしている人です。巷でいう廃人さんと呼ばれる人に多いですね。

この場合、自分も同じだけの情熱を持っていれば問題ありませんが、温度差があると、お叱りをうける事があります。

そして、もうひとつは、彼女(彼氏)を探している人です。

物を異常にくれたり、あからさまに口説いたりしますので、わかりやすいでしょう。また、個人情報が漏れると、トラブルになる可能性が高いです。

悪質なものとしては、戦争で負けた、相手に倒されたなどの恨みで、某掲示板やゲーム内のメール機能で誹謗中傷をする人です。

これは、相手がわからないだけに、対処のしようがなく、相手にしない事が一番です。

他にも、家族の一大事にずっとログインしてる人や、日本人なのに宇宙人と話しているように、会話がかみ合わず理解不能な人など、本当に不思議な面白い体験をさせてもらいました。

意外と多いネット恋愛

最近はネット恋愛も増えてきましたが、私がプレイしていたころは、人に言えない出来事で、自分は変なんだと思ってる人も多く、表に出てくるカップルは少数でした。

しかし、よくよく話を聞いてみると、ビックリすることに結構多いんです。

もちろん、中には否定派の人もいるでしょうが、私自身は肯定派です。

肯定する理由としては、実際に知らない人間同士で、文字のみの会話をしていると、普段言えない様な本音を話せる事が多いんです。

その中で、相手の人間性に惹かれたり、人によっては、キザなセリフにズキュンとやられてしまったりなどがあります。

しかし、その姿が本物なのかどうかは、わからないというのがネックですけどね。

画面の中だけの恋愛であれば、問題はないんですが、現実とリンクしてくると、体目的だったり、別れてからふたりの秘密を暴露されるなんて事もあります。

スポンサーリンク

要は、リアルもバーチャルも、人間性を見極める目が必要だという事です。

もし、守ってくれる!カッコイイ!とか思っちゃってる場合は、ちょっと冷静になって想像してくださいね。その相手の人は、パソコンの前でクリックしてるだけですから。

ネトゲにもあったオレオレ詐欺!?

ハッキリ言って、詐欺は本当に多いです。実社会と違って、詐欺をはたらいても犯罪になりませんから。

私が知ってる詐欺の種類としては、桁詐欺(個人売買で0を増やしたり、減らしたり)金額をよく見ないと騙されます。

全く違う物を売りつける詐欺(見た目を知らない人が騙されます)あとは、現実にもあるオレオレ詐欺です。

そして私は、このオレオレ詐欺にかかりました。それも、かなりベテランの域に入ってからです。

なぜ、ひっかかってしまったかと言うと、当時、私の周りには善人しかいませんでした。

さらに、ゲーム内での付き合い自体も、装備の貸し借りも平気なくらいに、狭く深くなっていたんですね。

また、長く続けていた事から、顔見知りも多く、知らないキャラに話かけられることも多々あり、あまり用心していませんでした。

そんな時に、「オレなんだけど、レベル上げ手伝ってよ」と言われまして、私は、ログインしている時間帯や喋り方から、ウッカリ「○○?」と、名前を言ってしまったんです。

その後は、手伝いという茶番の中で、あれ貸して、これ貸してとなり、私が不審に思いはじめた所で、ログアウトされてしまいました。

当然、装備は詐欺師が持ったままで。

アテにならない運営者と仲間の温かさ

その後は詐欺師がログアウトした場所で、茫然としていました。

あー。私もとうとう引退だなぁと、覚悟もしていました。

一応、ほんの少しの希望にすがり、○○本人に携帯でメールをすると、すぐにログインしてくれましたが、当然、さきほどのキャラは別人でした。

しかし、一緒にどうすれば良いか考えてくれて、私とは別に、運営にも装備の復旧をしてほしいと、メールを送ってくれました。

運営からの返信を心待ちにしていましたが、回答はとても事務的なものでした。

簡単に説明すると、お客様同士で了解の上でのトレードなので、運営は関知できません。

と、この様な感じの返信でした。期待はしていませんでしたが、まぁ仕方がないですよね…

そんな私を励ましながら、もっている物を売ればいくらくらいになるか?

そうしたら、どれくらい買い戻せるかなど、周りの人たちは真剣に考えてくれました。

そして、ある程度の装備は揃ったのですが、どうしても一番高額で必要な装備が買えません。もう、私の資産も底をつきました。

しかし、みんながプレゼントしてくれたんです。数人でお金を出し合って買ったと聞きましたが、この時ほど、仲間の温かさを実感した事はありませんでした。

この様に、ネットゲームは、善人と悪人がハッキリ区別される世界です。

現実のように建前というものが存在しないので、シンプルではありますが、弱肉強食のような部分もあります。

ですから、これからはじめられる人は、気の合う信頼できる人を見つけるか、あまり深く人と関わらずにプレイしていくと、トラブルに巻き込まれる可能性が低くなります。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る