Global Information site~siruzou

失踪や家出に至るまでの原因とその対応策

Depresyon

人はなぜ失踪や家出をするのでしょうか。

まず家出に関してはこれまでご自身で体験したことがあるという方も多いかと思われますので、当人がどのように考えどのような心理状態にあるかは分かりやすいといえます。

スポンサーリンク

若さゆえの反抗と現実逃避

若い頃は親に対する反抗が強くありますので、何か自身の意に沿わないことがあったり、理不尽に怒られたり、自身の気持ちを察してくれない親に対する反発など原因は様々です。

いずれもまだ若いがゆえに自身で解決する力がありませんのでその場から逃げ出すという現実の逃避をするしかないと判断することになります。

また本格的に家を出るのではなくプチ家出と称して一日もしくは数日間という短い期間に渡り家を出るという事もあるのですが、この場合もまた子供の方から解決を放棄して現実から逃げているということになります。

いずれの場合もまずは家に連れ戻し親の方から積極的に解決に向けての話をすることになります。

仕事を辞めてしまっていたら危険なシグナル

続いて成年の方が失踪に至る心理についてですが、行方をくらまし家に帰らなくても仕事は継続しているのであればまだ良いです。

しかし家を出ると共に仕事も辞めてしまった場合は当人の中で何かしらの強い気持ちが芽生えているということが考えられますので、すぐにでも捜索を開始しなければなりません。

この強い気持ちというのがどちらの方向に向いているかというのは個々の原因により変わってきます。

仕事を辞めてしまうというのは自身の人生を大きく変える転換点を自ら作ることになりますので、その結果は重大なものへとなりかねないといえます。

また同じことを繰り返さないために

このように失踪や家出に対してはすぐにでも対策に乗りだし重大な結果を招く前に解決を図るというのが大切なのですが、ただ単に相手を見つけ出し家に連れ戻すだけではまた同じ事を繰り返す可能性も高くあります。

そもそも行方をくらました心理状態としては現状からの逃避や脱却ということが大きいといえますので、その原因を改善して本人に納得できるような環境を作る必要があるのです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る