Global Information site~siruzou

日本人が嫉妬するほど恵まれたベトナムの映画事情

51 日本が嫉妬するベトナムの映画事情 (1)

日本人も映画をこよなく愛する人は大勢いますね。

日本で上映している一般的な映画はハリウッド洋画、邦画、そしてアニメです。

ではベトナムではどうでしょうか。まずベトナムで上映される映画は主にハリウッド洋画、中国映画、韓国映画、ベトナム映画となります。

洋画の場合は英語スピーキングでベトナム語字幕。中国と韓国映画の場合は母国語スピーキングでベトナム語と英語字幕。

ベトナム映画の場合はベトナム語スピーキングで英語字幕となります。アニメは基本DVDで鑑賞します。
スポンサーリンク

鑑賞料金は、平日約300円、土日500円程度

映画館の中

筆者はベトナムの映画館に初めて行った時、衝撃を受けたことが2つありました。

1つ目はまず料金が安いことです。平日と土日で料金は変わるものの、平日だと約300円、土日でも500円程度です。

2つ目は、「日本ではまだ公開されていない作品をいち早く上映している」という点です。

これが一番驚きましたね。日本では夏公開予定の作品を筆者は春先にすでに見終えているということは度々ありました。

また、ベトナムの映画館は基本2週間おきに上映作品が変わります。

1つの映画館で4つ程度同時上映しているので、毎週何かしらの新作が公開していることとなります。

日本では興行収入が見込める作品しか上映しませんので、お馴染みのハリウッドスターが主演の作品ばかりですね。

一方ベトナムは短期で作品が切り替わるので、中には聞いたことのないようなマイナーな作品もあります。
スポンサーリンク

1枚50円の海賊版DVD

旅行では現地の娯楽を体験するのも1つの楽しみ方です。特にベトナム映画の出来栄えを確認してみることをおすすめしたいです。

笑いあり、アクションありの大作となっていて、なかなか侮れません。

お土産にDVDを購入したいのであれば、ローカルの通りには必ず数店舗ありますので歩いてみてください。

ただし、DVDの中には海賊版も多数混じっていますので、日本に持ち帰る場合は注意してください。

筆者が日本で試したところ、パソコンとDVDレコーダーで再生できました。

1枚50円程度なので、こちらも数枚買ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る