Global Information site~siruzou

ベトナムのセーオムと呼ばれるバイクタクシーってどんな乗り物?

76 バイクタクシーのセーオムとは (1)

ベトナムには市内を循環する鉄道(電車)がありませんので、旅行者の移動手段は主にタクシーとなります。

しかし、すべての移動にタクシーを使っては異国の町並みを十分に楽しむことはできませんし、出費もかさみます。

そこでおすすめの移動手段が「バイクタクシー」です。

「抱く乗り物」

ベトナムでは「セーオム(Xe Om)」と呼ばれていて、直訳すると「抱く乗り物」となります。

運転手の後ろにまたがって、落ちないように腕を回すことに由来しているようです。

スポンサーリンク

バイクタクシーはベトナムだけではなく、東南アジア全般に見られ、特にタイのバンコク周辺にはオレンジ色の服を着たたくさんの運転手がいます。

しかし、ベトナムの場合はあくまでも個人で商売をしているので、バンコクのように秩序はなく、中には悪質な運転手もいるので、利用する際はいくつかの注意が必要となります。

バイクに乗って暇そうにしているおじさん、青いシャツの運転手

 バイクに座っているおじさん

市内でセーオムを見つけるのはタクシーよりも簡単です。道を歩いていると向こうから声をかけてくれますし、またバイクに乗って暇そうにしているおじさん連中は、大抵セーオムと判断していいでしょう。

また、ひと目でセーオムと分かるように、青いシャツを着た運転手もいますので、彼らは十中八九セーオムとなります。料金はお一人様の旅行であれば、タクシーより断然安いです。

スポンサーリンク

メーター制ではないので、その都度交渉・女性には不向き

ただし、先にも説明したように注意点もあります。まず、セーオムはメーター制ではないので、その都度交渉をしなければなりません。

交渉によってはタクシーの方が安上がりになる場合も珍しくないため、予め相場を知っておく必要があります。次に、女性の方にはあまりおすすめしないという点です。

中には運転中に腰に回している手を握ってくる悪質な運転手もいますし、地方では強姦事件も起きています。


▼ホーチミン、バイクタクシーに乗ってみました

また、セーオムの中には売春やマリファナを斡旋してきたり、執拗に観光ツアーに勧誘する人もいます。

彼らはお客を引き込むことにより、マージンを貰うので、中には腕を引っ張ってきたりする強引なセーオムもいます。

セーオムはスピードを出して風を切りますし、荒い運転をするので中距離の移動には不向きですが、市内のちょっとした移動であれば利用する価値があります。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る