Global Information site~siruzou

ベトナムでホームステイするなら1泊たった1000円のゲストハウス

100 旅行でホームステイもできる。ルームフォレントを探す (1)

日本ではあまり馴染みはありませんが、ベトナムでは「ゲストハウス」がいまも多く点在しています。

安宿を探す外国人バックパッカーや旅行者、留学生などが本来は滞在する場所ですが、短期滞在も可能です。1泊1000円程度と安い上、大家が一階にいるのでベトナム人の生の暮らしをうかがうことができます。
スポンサーリンク

6畳程度のシンプルな造りのゲストハウス

ホーチミンにおいて、この手のゲストハウスが多数用意されているのはファングーラオ界隈、もしくはグエンティミンカイ通り、レライ通りとなります。

ヘムと呼ばれる路地は戸建てが並んでおり、看板に「room for rent(ルーム フォー レント)」の文字を見つけたら入ってみましょう。

部屋の間取りは6畳程度で、ベッドとシャワー&トイレルームがあるシンプルな造りです。

世話焼きの大家さんだと、「あなたの分のご飯も作っておいてあげるわ」、「穴場のスポットに連れていってあげようか」などと至れり尽くせりのホームステイ気分を味わうことができます。
100 旅行でホームステイもできる。ルームフォレントを探す (2)

一泊当たりの料金を確認することが大事

ファングーラオ界隈では専業でゲストハウスを営んでいる宿がたくさんあります。

大家は英語を話せるほか、1階はカフェやレストランを経営しているところがほとんどなので、仲良くなればサービスもあるかもしれませんね。
スポンサーリンク

ゲストハウスを選ぶ注意点は「料金に含まれているものを確認する」ことです。通常は光熱費は別料金ですが、短期滞在の場合は宿泊料金に上乗せされます。

一泊当たりの料金を確認するとともに、それ以外に支払いは発生しないかどうかも訊ねましょう。

他の宿泊者と同居する分格安な「ドミトリー」

バックパッカー街と呼ばれるエリアに必ず1軒はあるのが「ドミトリー」です。一室に二段ベッドが一つから二つあり、他の宿泊者と同居する分格安となります。

ただし、多種多様な人種、国籍の外国人と同居するので、リスクがないわけではありません。

深夜まで部屋でお酒を飲んで騒いでいたり、平然とマリファナを吸っていたりすることもあるので、初心者の方にはおすすめできません。

ホームステイ気分を味わえるかどうかは大家の人柄次第となりますので、選ぶ際は何軒か回って比較するようにしましょう。
スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る