Global Information site~siruzou

カンボジアのゲームセンターは100円でうんざりするほど遊べます

IMG_3312

カンボジア(プノンペン)にはいくつかゲームセンターがあります。

日本のように「専門のゲームセンター」ではなく、ショッピングモールの最上階にあるなど「ゲームコーナー」という感じのスタイルです。

今回は、今開発中の「ダイヤモンド島(日本で言うお台場のような場所)」のゲームセンターに行った時の様子をレポートします。
(ダイヤモンド島は下のような場所です)

IMG_3311

1コイン5円、100円で20回遊べる

多分ぼったくり価格なのですが、「100円で20コイン」もらえました。
(本当なら30~40コインもらえたはずです)

スポンサーリンク

でも、この1コインで1プレイできるので、100円で20回遊べるという計算になり、1回5円です。

たとえぼったくりわかっていても、十分すぎるくらい安いので、100円だけ払って遊んできました。

*正確には、100円ではなく1ドルですが、ほぼ100円です。
(あと、この機械の表示は超適当なので、気にしないでください。 中国の中古を、表示などを無視して使っているという感じです)

IMG_3313

日本の古い型の機械が入っている

ショッピングセンターの中のゲームセンターなど、ガイドブックにも載っているような所であれば違うはずですが、ここは場末のゲームセンターということもあり、日本のかなり古い型の機械ばかりが入っていました。

たとえばこの写真の射撃ゲーム。「国連本部に侵入したテロリストを撃退せよ!」という注意書きが日本語で書かれていました。

特に英語訳や現地語訳はありませんでしたが、射撃ができればOKということでしょう。
(ゲームが始まったら英語ですし)

IMG_3356

下の写真は懐かしのマリオカートです。コインを入れても動かなかったのでプレイはできませんでしたが、懐かしかったです。

個人的には、小学生の頃に遊んだスーファミ時代のマリオカートが一番好きでした。

IMG_3357

なお、機械が動かなかったのは、「電源を入れていないから」です。

ここのゲームセンターはどの機械も普段は電源を切っていて、お客さんが使うと言った時だけ、電源を入れるようです。

なので呼べばよかったのですが、毎回機械を試す度に呼ぶのも悪いというか、そもそも店番のオジサンがどこかに行ってしまっていたので、呼べませんでした(笑)。

何から何までアバウトではあるものの、後述するバスケのゲームなど、やりたいものを存分にやれるという点では「1ゲーム5円」というのはすごく嬉しいです。

なので、「ゲーセンの華やかな雰囲気を楽しむ」という方ではなく「何か極めたいゲームがある(しかも、その機械がここでも動く)」という方に、こういう場所はおすすめです。

バスケのシュートゲームを、嫌になるくらいできる

自分がゲームセンターでプレイする数少ないゲームが、『太鼓の達人』と、『バスケのシュートゲーム』です。

(この2つすらめったにやらないのですが、やるとしたらこの2つが一番現実世界のスポーツや音楽とつながっている気がするので。現実とつながっているゲームの方が好きなのです。*ゲームと現実の定義も難しいのですが)

スポンサーリンク

バスケットボールは元々好きなので、1人でも公園のリングで遊んでいたりするのですが、ゲーセンのバスケゲームはいわゆる一般のバスケとはちょっと違います。

リングが左右に移動したり、ボールが小さかったり、独自のルールに適応する必要があるので「やり込むならお金に余裕ができてから」と思って、日本ではほとんどやりませんでした。

「いつか疲れるくらいこのゲームをやってみたい」と思っていましたが、カンボジアで現実になりました(笑)。

このゲームは、1回あたり7分くらいあるのですが、それを20回できるので、正直いやになるくらいプレイできます。
(写真はボールを投げている瞬間です)

IMG_3351

実際、3ゲームやったところで「汗をかくと後が面倒だな」と思い、今併設のカフェでシェイクを飲んで休みながら、これを書いています。

カフェはちょっと汚いです。オーナー家族の子供とおばあちゃんが客席で寝ているのどかな店です。撮影はNGと言われたので撮っていませんが、シェイクは100円で、かなり美味しかったです。

中国のゲーム機もたくさん入っている

中国のゲーム機もいくつか入っています。

女の子たちが8人くらい集まっていたのですが、彼女たちは中国のゲームの方をやっていました。
(中国語ではなかったので、カンボジア人だと思います)

こんな感じのゲームで、釣り堀ゲーム?みたいなものだと思います。

IMG_3361

下の写真の格闘ゲームは、どこの国のものかわかりませんでした。

IMG_3362

昔のカンボジアのゲーセンよりはマシ?

IMG_3360

こんな状態でも、昔のカンボジアのゲーセンよりはかなりマシなようです。

というのは、昔はアーケードすらなくて「普通のテレビゲーム」を有料でプレイしていたそうです。

「ストリートファイター」や「鉄拳」などのタイトルを、店主に頼んで出してもらって、それをプレイするということですね。

そのソフトも結構海賊版だったりしたらしいので、その時代と比べると、この場末のゲームセンターですら、かなり進化したと言えるのかも知れません。

何にせよ、100円でうんざりするくらい遊べるので「とにかくスキルを極めたい」という方は、カンボジア(プノンペン)を訪問することがあれば、ぜひダイヤモンド島に足を運んでみてください。

【おまけ】
クレーンゲームはないけど、景品のぬいぐるみだけ、リラックマやクマのプーさんのものが飾ってありました。

日本などのゲーセンの雰囲気を再現したいんだろうな、と推測し、日本人としてはやっぱり嬉しく思いました。

IMG_3358

                        006

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る