Global Information site~siruzou

アトピー性皮膚炎の妊婦がステロイド剤を使用しても大丈夫?

診察(妊婦さん)

アトピー性皮膚炎に悩む方は非常に多く、子供へのケアなどにも

頭を抱えている方もたくさんいることでしょう。

アトピー性皮膚炎で処方される治療薬としてステロイド剤がありますが、扱い方の難しい薬の一つで、一つ間違えれば副作用の問題などが顕著に表れる薬になります。

妊婦への使用は望ましくない?

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎で一般的に利用されているステロイド剤は、人間の体内にある副腎や、生殖器から分泌されるホルモンの一種です。使用することでかゆみや炎症がすぐに治まり、効果が目に見えてあらわれるため、アトピー性皮膚炎の治療薬として多く利用されています。

このステロイド剤ですが、妊婦への使用は望ましくないと掲載されていることを見たことがある方もいるでしょう。妊娠中の女性にとって、薬の使用は何かと不便を感じるものの一つです。

アトピー性皮膚炎を持病に持っている妊婦も少なくはなく、一般的に処方されているステロイド剤の利用が難しいとなると、アトピー性皮膚炎の治療も進まなくなってしまいます。

ステロイドは胎児に影響する?

妊婦がステロイド剤を使う場合、全身のような広範囲の使用でなければ安全なものであるといわれています。

ステロイドの塗り薬の成分は、全身に移行しづらくなっており、ステロイドの塗り薬を使用したことで胎児に悪影響がでたという例は、今のところ1例も報告されていません。

注意書きにあるように、ステロイド剤を使うことは望ましくないという程度であって、使うことで重篤な副作用が起こるというわけではありません。胎児への影響を考え、可能性の一つとしての注意書きであると考えるといいでしょう。

過剰に副作用を心配するよりも…

医薬品としてステロイド薬には内服薬、注射、塗り薬等があります。塗り薬のステロイド薬は、体内への吸収度の違いによって、薬の強さが5段階に分けられています。

強さによって使用できる場所が限定されたり塗り方も変わります。一般の薬局店で購入できるOTC医薬品のステロイド塗り薬も強さで分類されており、過剰に副作用を心配するよりも、使用する場合は決められた方法を守ることが大切です。

かつて妊娠中のステロイド剤の使用に悩んでいるという方から相談を受けたことがありました。

その方は、アトピー性皮膚炎を悪化させることのデメリットのほうが高いということで、部分的にステロイド剤の使用をしていましたが、結果的に子供への影響は見られなかったようです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る