Global Information site~siruzou

男女の浮気に対する価値観の違い

a0001_001654

一般的に浮気といえば男性が行うものというイメージが強くあるのですが、実際のところ世の中を見渡してみるとそうとも言いがたいといえます。

友人間の話を聞いたり体験談などを見てみると男性ばかりでなく女性にも不貞行為の経験は多くあるもので、実際に探偵事務所に寄せられる相談や依頼を見てみると調査対象者の男女比はほぼ同数となります。

では個々の夫婦関係という点は別にして男女の浮気を見比べたときに、双方にはどのような違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

女性を求めるのは男の本能?

まず男性の場合はその名の通り浮いた気持ちとして異性と不貞行為を行うケースが多くなります。

あくまで家庭は持ったままで奥様やご家族には不貞行為の存在を隠し、関係のある異性とは将来的なことは考えず楽しいひと時を過ごそうとすることが多いのです。

女性を求める男の本能ゆえに相手を欲することになりますので、身体だけの関係を求めるなどかなり身勝手な考え方になりやすくなります。

浮ついた気持ちが本気へと発展する女性?

一方で女性の場合は複雑な女心を持つ事から単純な男性とは大きく異なり、相手にのめり込みやすいという点で男女の浮気には大きな違いがあります。

スポンサーリンク

なぜのめり込みやすいのか、女性にも当然に男性を求める本能はあります。

しかしそれだけでなく女性としてまだ自身に魅力があることを試してみたいという気持ちがあったり、旦那さんより魅力がある男性を選んで現状より上を目指したいなど様々な思いが交錯することになります。

そして一たび身体の関係を結べばその思いに捉われやすくなり、結果として浮ついた気持ちが本気へと発展しやすいということがあるのです。

もちろんこうした男女の浮気の違いは個人の考え方やそれぞれの状況により異なる場合もあります。

ですがいずれにおいても不貞行為の端緒が見えたら楽観的に考えるのではなく常に最悪の事態を想定して万全の対策を講じるべきだといえます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る