Global Information site~siruzou

近隣トラブルの解決事例とエスカレート事例

Paranoia urbaine

近隣トラブルは相手の悪口を陰で噂するという誰でもよくありがちなことから始まってしまうことがあります。

やがて恨みの度合いが強くなると相手やその周囲に直接手を出すようになりますので、時にそれは犯罪行為に発展することもあります。

ではこれまで発生した近隣トラブルでは、問題がどのように発展していくケースがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

トラブルが解決したレアな事例

まず解決に至ったケースでは、何かと細かいことでうるさい隣人の性格を見越して町会や民生委員の方などに早い段階から相談を入れておきましょう。

具体的に嫌がらせをされるようになった時点で第三者を交えた話し合いを行うことで、それ以降の嫌がらせを何とか防ぐことができたというケースがあります。

ただこのように早い段階で近隣トラブルが解決するケースはあまりなく、被害者側もつい感情的になる中で被害の程度がひどくなる場合もあります。

車の鍵穴に接着剤~引き金になりやすい車のトラブル

例えば自宅前の道路が狭いところで何度か車を駐車していたら隣家から注意を受けてしまい、それを繰り返すうちに車を傷つけられたり鍵穴に接着剤を注入されるといった嫌がらせに発展する場合もあります。

このケースではそもそもの原因は自分の側にありますので、注意を受けたら車が邪魔にならないようすぐにどかしたり、またはそれ以外の場所に車を駐車させるという手もあるといえます。

一方で相手方も車の駐車に対して過敏になり例え1分でも停車しようものならすぐに怒鳴り込んでくるという場合もありますので、どのように相対するかはかなり難しいところだといえます。

ただ車を傷つけられたとなると非常に大きな損害になりますので相手に賠償を請求するという事も考えることになります。

ですが民事でも刑事でも訴えるのには証拠が必要になりますので、まずは証拠を押えるべく探偵事務所に依頼して調査を行うというのも考えていかなければなりません。

早めに第三者に相談

またさらに互いの感情が悪化し軋轢が生じた場合には殺人に至るケースも少なからずありますので、ご自身はもちろんご家族を守るためにもここまでトラブルが発展しないよう十分に注意して、専門家など第三者の助力を得ましょう。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る