Global Information site~siruzou

小型で高性能な最近の盗聴器・盗撮カメラ

Security camera

盗聴器とは、他人の会話や通信をひそかに盗み聞きするための機材の事を指しています。

盗聴器と聞くとなにやら専門性が高い機材のようなイメージもあるのですが、音をマイクで拾い電波に乗せるだけの意外と単純な構造になります。

よくホールなど広い会場で用いられているワイヤレスマイクと基本的には変わらないものです。

スポンサーリンク

家電製品やコンセントの中に

ただ盗聴という性格ゆえに機器はかなり小型化されており、電池式の場合では機器の中身のほとんどの部分が電池の容量で占められており、マイクや基盤部分などの部分はわずかなサイズになります。

そのため電池を使わず外部から電気を引き入れるタイプ場合は本体のサイズがさらに小さくなり、家電製品やコンセントの差込口の内部など様々な小さな隙間にも簡単に仕掛けることができるのです。

近年では技術の進化にともなってより小型化すると共に、電池の寿命も長くなっています。

さらに機器を発見するための調査を回避するための対策が講じられた盗聴器もありますので、機器を開発する側とそれを調査し探し出す側はいたちごっこを繰り返しているのです。

豆粒ほどの穴があれば映像を撮影可能

スポンサーリンク

一方で盗撮カメラとは、他人の姿や行動をひそかに撮影するカメラの事を指しています。

音声を盗聴するのとは大きく異なり、映像で撮影された場合には被害の程度も大きく、単に肖像権の問題だけではありません。

個人であればプライバシーが暴かれることになりますし、企業などであれば自社の技術などが流出する危険もありますので、いずれにおいても被害は大きいといえます。

盗撮カメラの場合は映像と音声の双方を電波に乗せるため、機器はやや複雑になるのですが、近年ではカメラレンズが著しく小さくなると共に高性能化していますので、わずか豆粒ほどの穴があれば映像を撮影することができるのです。

また携帯電話やスマートフォンでも手軽に動画を撮影できることから、こうした機器も使い方次第で盗撮カメラにもなりますので、専用の機材を購入せずに悪用されてしまうケースもあります。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る