Global Information site~siruzou

誰でも盗聴器の被害を受ける可能性が!簡単に手に入る格安盗聴器

盗聴

盗聴器発見調査とは、自宅や事業所などで何者かにより仕掛けられた盗聴器を発見し取り除く調査の事を指しており、それだけに留まらず映像を盗み見る盗撮カメラを取り除く場合もあります。
スポンサーリンク

電気街に行くと5000円以下で誰でも購入可能

盗聴器や盗撮カメラと聞くとまるでドラマや映画の世界の話のように思えるのですが、以前より東京の秋葉原や大阪の日本橋などの電気街と呼ばれる場所では何の制限もなく店頭で普通に販売されています。

ネット通販でも手軽に購入することができるのです。

特に近年の傾向としては一部のマニアが使うのではなくごく一般の人でも手軽に使えるようになったという点が非常に大きく、これは海外製の安価なカメラなどが多く出回っている事が原因として挙げられます。

これまで盗聴・盗撮系の機材は高価格帯の商品が多かったことから一部のマニアしか手が出せませんでした。

しかし今では5000円もしない安いカメラも多くありますので、価格という点でハードルが一気に下がってきたと言えるのです。

加えて携帯電話やスマートフォンの普及に伴いカメラ撮影という行為に対する倫理や社会規範が崩れやすくなっており、スマホで盗撮するだけでなく盗撮カメラにまで手を出す輩もいるのです。

スポンサーリンク

なぜ、仕掛けられているのか?

こうした問題に対応するのが盗聴器発見調査となるのですが、具体的な調査手法としては調査機器を用いて不信な電波の洗い出しを行うことになります。

発見された場合には証拠写真を撮影すると共に撤去を行い、機器の鑑定から仕掛けた犯人についても追及を行うことになります。

一般家庭に仕掛ける理由としては以下のようなものがあります。
・前の住民が置き土産として
・空き巣が留守確認のため
・親族や友人などが生活の様子を探る目的
・わいせつ目的

また事業者に仕掛けられていた場合には社内情報を入手するために内部もしくは外部の人間が設置した疑いがあります。

盗聴器発見調査だけで満足するのではなく、犯人や背後関係まで調べなければ更なる被害が生じる可能性もあるといえます。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る