Global Information site~siruzou

3000万円あれば、株主優待のみで生活可能!おすすめは『コロワイド』

花メッセージ

「株主優待だけで生活してみたい」と考えたことがある人は多いでしょう。

それを実現している将棋棋士&投資家の桐谷広人さんによれば、「3000万円あれば可能」ということです。

スポンサーリンク

3000万円でどれだけの優待が得られるのか?

桐谷さんによれば、3000万円あれば『年間200万程度』の優待が受けられるそうです。

正確にいうと、現金による配当も含めて200万です。

優待でもらうアイテムが、自分にとって不要なものだった場合は純粋な200万の価値にはなりませんが、必要なものであれば、実質毎年200万の利回りを得ているのと同じです。

3000万円投資して年に200万ということは、年率で約6.6%です。これがかなり高い数字であることは、投資が好きな方ならすぐにわかるでしょう。

株主優待でもらえるアイテムというのは、たとえばお米や食事券なので、これでは税金や家賃などを払うことはできません。

しかし、たとえばビッグカメラの株主優待などは「商品券(その会社で使える)」なので、これを金券ショップで換金すれば、現金にできます。

桐谷さんはそのような手法で、配当の現金だけではなく、株主優待も現金化して家賃などの支払に当てているそうです。

つまり、「食事が全部株主優待」というレベルではなく、本当に文字通り「株主優待だけで生活できる」レベルに達しているわけです。

(確かに、年収200万時代と言われる現代ですから、贅沢をしなければ年に200万の利益があれば、十分それで生活できるでしょう)

おすすめの株主優待は『コロワイド』

では、具体的にどの会社の株主優待がおすすめかというと、桐谷さんを始めとした『優待投資家』の方々の多くは、外食大手の『コロワイド』を挙げています。

コロワイドと聞いてもわからないかも知れませんが、回転寿司のアトムボーイ、と言えばわかるでしょう。

他にも『居酒屋 北海道』『焼き肉 がんこ亭・がんこ炎』『ハンバーグ&ステーキバー くら』などを展開しています。

「あまり大きい会社じゃないなあ」と思われるかも知れませんが、実はコロワイドは「一つの店舗を多数展開する」ということはしないのです。

「コンセプトの違う店を多数立ち上げる」というスタイルなんですね。

■いろいろな味を楽しめる

たとえば居酒屋は26種類、レストランは9種類、和食は7種類…、と一つのジャンルだけでも全く違うお店を次々に出店しています。

和食であれば「和食全般」「カツ専門店」「おにぎり専門店」というように全くコンセプトの違うお店をどんどん出店するわけです。

さらにジャンルも多彩で、焼き肉・ラーメン・カフェ・おすしなど、ありとあらゆるジャンルで上のように多数の細分化されたお店を出しています。

つまり、「コロワイドだけで食事をしていても、全然飽きない」ということです。

これは吉野家やマクドナルドには全くない強みと言えるでしょう。

しかも極めつけは「カラオケやネットカフェもやっている」ということです。

一部店舗を除けば、コロワイドの株主優待はこれらのお店にも適用できるので、使い勝手の良さでは群を抜いていると言えます。

スポンサーリンク

■優待の金額&配当金は?

そして気になる優待の金額ですが、「500株=約50万円」から受け取ることができ、金額は「年間2万円」です。

この「500株=50万円」というのは、2013年12月上旬のデータなので、値下がりしている時に買えば、もっと安い投資で「年間2万円」の優待を受けることができます。

配当については、コロワイドの業績が上がると共に増えていくわけですが、コロワイドが人気の理由はここにもあります。
「会社自体が大きく成長している」のです。

■コロワイドは利回りが大きい

たとえば桐谷さんが500株を購入した数年前には、「500株=20万円台』だったそうです。

しかし、今ではその500株の価値が『50万円』まで上がったわけですから、プチバブルと言ってもいいくらいの利回りです。

今ではコロワイドの魅力に多くの株主が気付いているので、ここまでの変動はないでしょうが、それでも桐谷さんが2013年12月に受けたインタビューで、まだ「利回りは20%程度ある」ということです。

50万円投資していて利回り20%ということは、年間で10万円の利益です。

つまり「50万を1年預けたら、10万円が返ってくる」ということです。

■『次のコロワイド』を探すべき

これだけ利回りがいいとなると、買い注文が今後も増えるはずなので、コロワイドの株価はどんどん上がり、気軽には500株買えなくなるでしょう。

となると、余裕資金のある投資家の方々は「今のうちに買っておこう」と思うのが普通だと思います。

しかし、こういうタイミングになったら、もう参入しない方がいい(しても大きな利益は得られない)というのが投資の鉄則です。

なので、コロワイドは確かに優良株なのですが、桐谷さんのように「優待&利回り」で大きな利益を狙いたいのであれば、「次のコロワイド」を探す方がいいでしょう。

単純に優待だけもらえればいいというのであれば、上に書いたように非常に使いやすい優良株なので、そうした方はコロワイドをそのまま買うのもいいと思います。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る