Global Information site~siruzou

商品先物取引は「怪しい投機」ではない -生まれた歴史・売買の仕組み

Future Vision

商品先物取引というと、何やら怪しい投機のようなイメージがあるかも知れません。

確かに現在は投機的に使われている部分もあります。

しかし、もともとは農産物などの物流を調整するために、江戸時代から自然と生まれていた取引なのです。

ここでは商品先物取引(以下「先物取引」)の内容を簡単に説明します。

スポンサーリンク

先物取引の仕組み

たとえばガソリンの場合、今日の全国平均は「約150円」(リットル)です。わかりやすく「1樽150円」としましょう。

これが半年後、上がるか下がるかを予測します。Aさんは「上がる」と思ったので、ガソリン屋に対し「150円×10樽買うよ」と言います。

「ただし、実際に買うのは半年後ね」と言います。そして半年後、Aさんの予想通り、ガソリンは「1樽200円」に値上がりしました。

その時、Aさんは約束通り10樽を買いに行きます。

本当だったら「200円×10樽」で「2000円」のはずが、Aさんは先に約束していたので、「1500円」で買えます。

そして、その場ですぐに誰かに売れば、500円の利益を得られます。

このように、「先に約束だけ」をして、物の取引をする方法なので「先物取引」と呼ばれています。

ここでは成功例を紹介しましたが、失敗した場合はどうなるのでしょうか。

■先物取引で失敗した場合

Aさんの読みが外れて、半年後に「1樽100円」に値下がりしてしまったとします。約束なので、Aさんはガソリン屋に買いに行かないといけません。

本当だったら「100円×10樽」で「1000円」のはずの量を、半年前の約束通り「1500円」で買うわけです。500円の損ですね。

つまり、株取引と仕組みは似ているのですが、

・結果が半年後までわからない
・結果が半年後に必ず出る

というのが特徴です(半年というのは、このAさんの場合です。実際の期間は取引によって違います)。

先物取引は何のためにあるのか?

上のAさんが損をしたケースを見れば、先物取引が何のためにあるのかわかるでしょう。

ガソリン屋にとっては「半年後に1500円分、必ず売れる」ということがわかるわけです。

もしかしたら2000円で売れるはずのものを1500円で売ることになってしまうかも知れないけど、それは「利益を逃す」だけであり「損をする」わけではありません。

「相場がどう変わろうと、半年後に必ず1500円が入る」とわかっていれば、先々の予定が立てやすいのです。

スポンサーリンク

ガソリンだけでなく、農産物などすべての商品で、生産者や提供者はこうした「安定」を求めています。

これは江戸時代のような昔から同じだったので、江戸時代にはすでにお米の先物取引が始まっていたのです。

こう考えると、もともとは胡散臭い投機ではなかったということがわかるでしょう。

逆に「安くなる」と予想していた場合は?

ここでまた例え話に戻りましょう。上のAさんは「高くなる」と予想していましたが、Bさんは「安くなる」と予想していました。

その場合、どんな行動を取るのでしょうか。投資用語で言うと「買い注文」をします。

Bさんはガソリン屋に対し「半年後に10樽、その時の値段で必ず買うよ」と言います。

「ただし、僕が買った直後に、今度は君(ガソリン屋)が1樽150円で買い取ってほしい」と言います。

そして半年後、Bさんの予想通り、「1樽100円」まで値下がりしました。

ここで約束通り、Bさんはガソリン屋に行き、「その時の値段」で買います。つまり、「100円×10樽=1000円」です。

しかし、上の約束があるので、ガソリン屋はそれをすぐに「150円×10樽=1500円」で買わないといけません。500円の損です。

■ガソリン屋にとってのメリットは?

上のように書くと、ガソリン屋にとってデメリットしかないように見えます。しかし、もちろん違います。

ガソリン屋はここでも「半年後に必ず10樽、1500円で買える」ということが計算できるのです。

もしかしたら、半年後にオイルショックが起きて、1樽300円などという、とんでもない状態になっているかも知れません。

しかし、そんな時であっても現在と変わらない1樽150円で、必ず10樽入荷できることがわかるのです。

そしてもちろん、それを「1樽300円」で売っていいのです。
つまり、

・商品の量を確実に確保できる
・しかも、高値で売れる可能性がある

というメリットがあるのです。

損をする可能性もありますが、少なくとも「売る品物がない」という致命的な状態は避けられるわけです。

ここでもやはり、本来の先物取引の目的である「物流の確保・安定」というキーワードが生きています。

先物取引も本質は株と同じ

まとめると、先物取引も本質は株取引と同じで、決して怪しい投機ではないのです。

本質を理解して、あくまで「物流のサポート」をしつつ、自分の利益を出している投資家もたくさんいます。

先物取引が怪しくなったのは、それを扱う証券会社などの業者(の一部)がゆがんでいるだけであり、そうした方々がいるのはどの世界でも同じです。

(たとえば、アフィリエイト自体は正しい広告手法なのに、一部の方々がおかしな手法でイメージを落としている、など)

ただ、いずれにしても株取引と同じくハイリスク・ハイリターンであることは間違いないので、素人の方はよく勉強するまで手を出さない方がいいのは確かです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

    • モミジ
    • 2014年 1月 20日

    個人投資家の鍵和田芳光先生の金投資術でしたら、損失はほとんどしない。なぜなら経済の長い将来を考えて先物市場などに投資をします。なるべる大きなリターンを期待しないで投資をするという心がけで投資をするからです。
    欲をあまりかかないで投資をすることが鍵和田先生の教訓だそうです。

    鍵和田先生は金の先物取引だけで1億円以上もの収益を上げられ、先生が運営されている石川県での収穫ドットコムの運営協力者の石川知事から、鍵和田先生の投資術が絶賛されました。

    商品特報というサイトにも鍵和田芳光先生の投資術が公開されましたが、あまりに問い合わせが殺到し、サイトの公開を閉鎖されました。

    先生が儲かっている証拠に、投資利益金で海外旅行に100回以上も行かれています。
    毎回100万円以上も使われるそうですが、先生は節約家のようで、格安ツアーでお申し込みされ、海外でどーんとお金を使われるそうです。スイスのご旅行も最高級のホテルでお泊りで、現地でオプショナルを存分に楽しまれたそうです。そのとき、ご実家のお父様の様態が急遽悪くなり、スイス旅行を途中で中断され、やむなく日本に帰国されました。

    鍵和田先生は独身の生活を有意義に楽しんでおられます。

    鍵和田先生は、先物取引、優良株などを知り合いにすすめられ、情報を教えておられるようです。

    多くの人たちから感謝されているすごい個人投資家です。
    知らない人からの問い合わせには、そんなことない、誰かが勝手なことを言っているから知らないと、極秘の情報は絶対に口外されません。それだけ優れた個人投資家です。

    • ノートン春香
    • 2014年 1月 27日

    石川県でお世話になってる収穫ドットコムの鍵和田芳光社長って知ってますか。

    プラチナ金銀の貴金属の相場をビシビシあてて何億円も儲かっている人なんだって。

    金の先物取引のみで1億円の利益を上げたっていう新聞記事を、おじさんの知り合いの人が見せてくれたんです!
    すごいですー!

    すごい人が石川県にやってきたなあー!って、みんな大喜び!

    鍵和田芳光社長の儲かる投資法は、あのハイリターン・ハイリスク先物取引です。
    鍵和田芳光社長にしたら先物取引デメリットはないです。メリットは手数料が安いこと。
    これみんなにすすめちゃって、商工会、県の公務員、知事に先物がいいってすすめたんです。

    鍵和田芳光社長は、知り合いの女の子たちにも先物取引の口座をつくらせて先物取引をやらせたら、みんなが儲かって感謝してるって。そして知り合いのパチンコ店の店長、行きつけの何かの店の従業員にも先物取引すすめたら、みんな儲かっているよって言ったよ。そして鍵和田社長のお父さんは、若い時に株を買ったら、何年かしてみたら、でっかく儲かって、口座に数億円のも資産になっていたから、そのお金で土地を買ったんですって。お父さんがやってた布団製造工場かしら?とにかく作業場も投資利益で新しく改装できたんだって。

    親子で投資家さん!

    鍵和田芳光社長の儲かる投資は先物取引ですね。
    みなさんも、きっと、でっかく儲かるよ!

    信じられないと思うでしょー。でっかく儲かってるから、鍵和田芳光社長さんは何十回も海外に遊びに行ってるんですよ!

    すごい投資家さんです!

    • 匿名
    • 2014年 4月 15日

    神奈川県藤沢市の(株)NAVICOの社長の鍵和田芳光さんは先物取引が大好きです。誰にでも先物をすすめます。その理由はふたつ。ひとつは現物取引より手数料が安いこと。二つ目は少ない投資額で儲かる。
    先物取引はもともと日本人が考えた投資法なので、全然むつかしいことはない。理論さえわければ簡単です、と、鍵和田芳光さんはいわれました。
    鍵和田さんのすすめた先物取引で儲かっている人たちがずいぶんいらっしゃるようです。鍵和田さんの身内親戚、仕事関係の大学教授、県知事、サッカー団体役員などです。
    僕の言うとおりに(投資を)すれば、みんな儲かってきて、驚くほど喜んでもらってますよ、と鍵和田さんはニコニコされています。
    先物取引は全然怖くないし、慎重にやれば相当儲かると、鍵和田芳光さんは自信を持ってみんなにすすめておられます。このことはつくり話しではなく本当のお話しです。鍵和田さん本人に聞いてみていただいて構いません。なぜなら、鍵和田芳光さん本人も金の先物取引だけで1億円以上もの利益をつくりだしたのですから。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る