Global Information site~siruzou

個人投資家がレバレッジ対策で法人化するなら合同会社がおすすめです

資金運用

今、FXの世界では「個人投資→法人化」の流れが加速しています。

「レバレッジ規制」が始まったからです。

レバレッジは「自分が持っている以上の金額で取引する」というもので、リスクが大きい代わりに、少ない元手でも一攫千金を狙うことができます。

ただ、破滅のリスクがあるので、最近は規制がかかり始めました。

しかし、法人だったらこの規制を逃れることができます。

なので、FXの投資家(でレバレッジをかけたい人たち)がどんどん法人化しているのです。

法人化というと株式会社を連想する人が多いでしょうが、おすすめは合同会社です。理由を説明します。

スポンサーリンク

株式会社は最低21万必要、合同会社なら6万円でOK

会社の設立には「法定費用」がかかります。これは業者の代行料などではなく、国が定めている費用です。

つまり「絶対にかかる費用」です(自分で全部手続きをしたとしても)。

この法定費用が、株式会社なら約21万円かかりますが、合同会社なら6万円で済むのです。

そして、税法などは株式会社と完全に同じなので、節税もいくらでもできます。もちろん法人なので、FXのレバレッジ規制も適用されません。

なので、格好にこだわらなければ株式会社より断然合同会社がおすすめです。

合同会社の設立に必要なもの

まず大雑把に書くと、

・書類一式
・印鑑3種類(実印、銀行印、角印)
・電子定款セット

です。それぞれ詳しく説明します。

合同会社設立に必要な書類

1)登記申請書

→A4 の紙で、ワードなどで自分で作ります。
ネットでひな形をダウンロードして、それを書き換えれば簡単です。

2)登記用紙と同一の用紙

→他の書類に書く内容と同じです。
それを「ルール通りに書く」というだけです。
他の書類が終わった後なら「ただ穴埋めするだけ」です。
*重要なのは「一字一句も間違えない」ということです。

3)定款(会社保存用&法務局提出用)

→会社の名前、活動内容、ルールなどを書きます。
紙の定款だと4万円の印紙代がかかりますが、電子定款ならタダです。
なので、電子定款をおすすめします。

4)代表者印の印鑑証明書

→役所でもらうだけです。
実印を事前に作っておく必要があります。
実印はネットの通販で最短翌日に届けてもらえます。

5)払込証明書

→設立資本金を新しい合同会社の口座に振り込みます。
その金額や会社名、住所を書くだけです。

6)印鑑届出書

→「うちの会社の実印はこれで行きます」という届出です。
4の印鑑証明書とは何が違うのか説明します。

4のものは「このAさん(代表者)の印鑑は確かにこれです」
と役所に証明してもらうものです。

それを持って「こうして証明されたAさんの印鑑を、うちの会社の実印にします」
と届けるのが、この「印鑑届出書」です。

スポンサーリンク

合同会社設立に必要な印鑑

・実印

→「会社のハンコ」です。
合同会社の場合は「代表者のハンコ」が実印になります。
なので、会社ではなく「代表者の名前」で作ります。

・銀行印

→「銀行用のハンコ」です。実印ではダメです。
法人の銀行印は、印鑑の中に「銀行之印」という文字が入っています。

・角印

→「請求書、領収書用のハンコ」です。
その他、「実印を使うまでもない」用事で使われます。
一番よく使う印鑑です。

(おまけ)

・ゴム印

→これは、あってもなくてもかまいません。
(個人投資家の場合、はっきり言って不要です)

名刺のような情報をまとめてスタンプできるものです。会社名、代表者名、電話番号、URLなどを一括でスタンプします。

合同会社の電子定款に必要なもの

・定款

→内容を考えてワードに書きます。
内容は「会社名、活動内容、ルール」などです。
ネットでひな形を探せば割と簡単です。

・ICカードリーダライタ

→住基カードなどを読み取る小型の機械です。パソコンにつなぎます。
住基カードの申請をすると、市町村役場で無料でもらえます。

中古なので見た目は古いですが使えます。地域によってはもらえないかも知れません。

その場合は2000円~5000円程度でAmazonで買えます。

・住基カード

→確定申告など、あらゆる役所の手続きをオンラインでできるカードです。
これは便利なので、ぜひ取得しておきましょう。
役所で500円でできます。写真はなくてもいいです。
ほぼお金を払うだけです。

お金持ちになるためには、こういう手続きの類に強くなる必要があるので、ぜひ取得しておきましょう。

・電子証明書

→これも住基カードと一緒に役所で作ります。簡単です。
500円でできます。これもほぼお金を払うだけです。

・電子署名作成ソフト

→電子定款はPDFで提出します。
しかし、ただのPDFではダメで「電子署名」というものが必要です。

これはワードではできず、数万円する「Adobe Acrobat」などのソフトが必要と言われています。

でも、実はフリーソフトでできます。
JSignPDFというソフトで、こちらの司法書士さんのサイトが詳しいです。

「JSignPDFを使ってPDFに無料で電子署名する」↓

http://kyankyan.net/?p=5740

WindowsXPでも7でも動くので、多分Vistaや8も大丈夫です。
日本語版もあります。

この情報を隠して(あるいは知らずに)、「電子定款は数万円かかります」といって、1万円程度の手数料を取る業者さんがたくさんいます。

しかし現実は無料でできるので、引っかからないようにしましょう。

(これからの時代、行政書士や司法書士の方々の仕事は、本当になくなりますね)


これらを用意してまとめて提出すれば、合同会社の設立は即日できます。

印鑑の制作も最短翌日なので、極端な話「設立しよう」と思ったらすぐ印鑑を発注して定款などを考えれば、2日後には会社ができているのです。

会社の設立というのは意外と簡単なんですね。投資をやっている方もやっていない方も、ぜひ視野に入れていただければと思います。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る