Global Information site~siruzou

インドネシアは左手が不浄の手じゃなかったの?

lefthand2

インドネシアでは古くから「右手は食べ物を食べる手、左手はトイレで使うから不浄の手」とされていて、現在でもこの考えが深く根付いています。

インドネシアやインド、またその他多くのアジアの国ではトイレにトイレットペーパーはなく、水と手を使ってきれいに洗うのが一般的ですので、先進国から来た人は最初にかなりの勇気が必要になるでしょう。

そのため人と握手するときや何か物を手渡すときには必ず右手を使い、どうしても左手を使わなければいけないときには「左手ですみません」と断ってから行うようにします。

左手で口に持っていかなければ大丈夫

これらは間違いではありませんしもちろん一般概念として認識されていることですが、必ずしもそうであると言うことはできないのです。

スポンサーリンク

現在のインドネシアにはたくさんの異文化が入ってきており、都市部ではナイフとフォークを使って食べるのが常識です。

地方に行けばまだまだ手を使って食べている人はたくさんいますが、首都ジャカルタや観光地バリ島のレストランで手を使って食べればそれこそ注目を浴びてしまうでしょう。

安い食堂などに行けば手を使う人もいますが、スプーンやフォークを使って食べる人のほうが圧倒的に多く、準備されていなくてもお店の人に聞いてスプーンを持ってきてもらいます。

そして洋食系のお店に行けば、普通に手でちぎってパンを食べるインドネシア人の姿があります。

左手は不浄の手じゃないの?と聞いても「左手で口に持っていかなければ大丈夫」とのことでした。

イスラム教徒でもお酒OK?

しかし私は今まで何度もインドネシア人に左手で物を渡されたことがありますし、握手も求められたことがあります。

このおかしな概念と矛盾した事実に遭遇するたび、私は日本人が着物を着なくなったように彼らの文化が変化していくのではないかと考えてしまうんですね。

だって、「左手で口に持っていかなければ大丈夫」と言っていたインドネシア人の彼女、イスラム教を信仰しているのにも関わらずタブーであるお酒を普通に飲みますし、ほろ酔いになると左手でパンを口に持っていってたんですから。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る