Global Information site~siruzou

インドネシアの産地直売マーケットは超アナログな量り売りが楽しめる

46-1

私たちがスーパーで食品を購入するときには、個数によって値段が決められているか、グラムによってすでに価格が決まっていることがほとんどです。

野菜やフルーツなどはグラムでの値段が掲示されていることもありますが、「これは何グラムだからいくらで…」なんて計算をすることはなく、商品に貼られている表示価格で買い求めるのが一般的でしょう。

インドネシアで食品を購入する際はスーパーかマーケットになりますが、新鮮で安いのは絶対に産地直売のマーケットです。巨大な掘っ立て小屋のようなスペースに、たくさんの野菜やフルーツ、お肉などが並びます。

そして、これらはすべて超アナログな量り売りで販売されているのです。

スポンサーリンク

キロ単位が基本です

マーケットは通常早朝5時に行われるものと夕方4時頃から開くタイプがあり、一般的にレストランやワルン(インドネシアの食堂)などを経営している人が朝市に、そして一般家庭の人は夕飯前の夕方のマーケットに行きます。

買いたいものを見つけたらまずは値段を聞きますが、ここではグラムではなくキロ単位の販売がほとんどです。たとえば、もやしを買いたい場合、「ちょうだい」と指をさしてお願いします。

もやしをつかみどりして詰めます

詰めてもらっている途中で「そんなにいらない…」と思っても、売ってくれるのはキロ単位、欲しくなくても1キロになるまでパンパンに袋に詰められます。

パンパンに詰められたもやし

スポンサーリンク

これがマーケットによくある量り器です。

よくある量り器です

理科の実験に使いそうな物体ですが、おもりの重さをあれこれ変えて商品の重さを調べ、詳細な金額を割り出します。電動式だったらもっと楽だと思うのですが、ほとんどのマーケットは今でもこれなのですよね…。

おばちゃんたちとのコミュニケーションも楽しみに

そして、私のもやしは1キロもないことが判明しました。1キロ40円ほどでしたが、500グラムしかないので半額の20円ほどで購入できました。

この超アナログの量りは、野菜だけでなくフルーツでもお肉でも、何でも使用されています。重さは1キロのほかに500グラム、200グラムと細かいおもりが用意されているものの、ほとんどの商品がキロ単位でしか売られていません。

1キロを少し超した場合、おばちゃんたちは小さなおもりをあれこれ試して、細かい数字を出そうと頑張ります。

細かい重りで工夫します

最初こそ少々面倒くさいと思ったこのシステム、人と人のコミュニケーションの場となっているのを知り、今ではけっこうお気に入りなのです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る