Global Information site~siruzou

ベトナムで日本語がブームになっている本当の理由

40 ベトナムでは日本語がブーム (2)

ベトナムには韓国系企業がハノイとホーチミンを中心に多数進出しています。

ベトナム系企業よりも給料が高いことや、成果報酬制度(インセンティブ)が充実している背景から、多くのベトナム人の学生は韓国語を勉強して韓国系企業に就職活動をします。

しかし、ここ数年で日本の対ベトナム投資が急増しました。

背景にはニュースでも度々取り上げられているチャイナリスクが挙げられます。

なぜ学生に日本語が人気なのか?

お店のスタッフで笑顔が素敵な女の子

そこで現在学生たちに一際人気を誇っているのが「日本語」です。

彼らにとって、日系企業の魅力とは「給料を必ず支払ってくれる」、「規律は厳しがスキルアップを図れる」、「待遇が厚い」ことが挙げられます。

スポンサーリンク

ホーチミン1区には日本人留学生も受け入れている人文社会大学と呼ばれる偏差値の高い大学があります。

日本人も多くがここでベトナム語を勉強しており、ホーチミン在住日本人の中では知らない人はいない有名大学となります。

この大学で現在最も人気のある外国語が日本語です。

1Fの自習室では日本語を勉強している学生が数多く、皆さん日常会話程度の日本語を話すことができます。

日本語能力検定2級で就職が有利に?

日本語を勉強できる場所は大学だけではなく、中心市街地には至る所に日本語学校が点在しています。

現在日本語を学ぶ生徒は英語の次に多く、今後もベトナム人にとって主要な第二、第三の言語となることが予想されます。

しかし、ローマ字調のベトナム語を操る彼らにとって、日本語の習得は至難の業。

文法の語順、体系も異なるので、日本語を学ぶ学生たちはいつも四苦八苦している様子です。

特に読み書きの難易度は高く、ひらがな、カタカナ、漢字を操る日本語を習得に至る学生は少ないようです。

定期的に行われる日本語能力検定も人気で、学生の間では2級に合格できるかどうかが日系企業に就職できるかの境界線と囁かれています。


日本では依然として、日本人が就職する企業の大半は日系企業です。

外資系企業へ当然のように就職活動をするベトナム人は、日本人よりもグローバル化されていると言えるのではないでしょうか。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る