Global Information site~siruzou

クリスマスに子供に聞かせたい「秘密のサンタ」のお話【前篇】

Weihnachtsmann

「秘密のサンタ」のお話しをご存知でしょうか?アメリカで実際にあったお話です。

スポンサーリンク

人生を変えたあるレストランでの出来事

ミズリー州カンザスシティに住む23歳のラリーは、会社が倒産してしまって一文無しになってしまいました。

1971年11月のある日、空腹に耐えかねたラリーは、レストラン入って大量の注文をしてたらふく食べてしまいます。

Roat beef
散々食べてしまった後に、ふと我に返って一文無しであることに気がついたラリーは、支払のときになって、警察に突き出されても構わないと半ば開き直りつつ、ポケットに手を入れたり出したりしてお金を探すフリをしていました。

そんなラリーを不思議そうに見ていた男性店員ですが、次の瞬間その場でゆっくりしゃがんだかと思うと、ラリーに「落ちていましたよ」と20ドル札を差し出したのです。

もちろん、ラリーは一文無しですから、彼が落としたお金でないことは間違いありません。

ラリーはそのお金を受け取ると、本当の落とし主にばれないようにと、そそくさと支払をすませてレストランをあとにしました。

しかし、ラリーはその後しばらくして気がつきます。

スポンサーリンク

偶然にしては出来すぎだと。そうです、そのお金はレストランの店員さんが拾ったふりをして自分のポケットマネーから出してくれたものだったのです。

このことが、のちにラリーの人生を大きく変えるきっかけとなりました。

追い詰められた末の銀行強盗計画

Urban Poverty
その後ラリーは、警備会社を起こして懸命に働きました。そして、結婚をして子供にも恵まれたラリーは、なんとか幸せをつかみつかけました。

しかし、その幸せは長く続きませんでした。その後、彼の会社は倒産し、再び食事代にも困る生活にもどってしまいました。

1977年12月のある日、追い詰められたラリーは、銃を片手に銀行に入って強盗をしようと決心します。しかし、銀行の窓口でたまたま彼の目にとまった20ドル札をみて、彼は数年前のレストランでの出来事を思い出し、すんでのところで強盗を思いとどまりました。

翌年、ラリーは妻の兄からサポートを受けて、セールスマンとしての職を得ることが出来、一心不乱に働きました。しかし、なんとも不幸ラリー。またしても彼に試練が訪れます。

会社の経営が思わしくないとの理由で、解雇されてしまうのです。

あまりにも不運が続く自分の人生を呪い、誰も助けてくれるあてもないラリーは途方に暮れてしまいます。

秘密のサンタのきっかけとなったある出来事

popcorn stand
放心状態になりがなら道を歩いていると、ラリーはたまたま目についたポップコーンの売店に立ち寄りました。

店員の女性の暗い表情を見て、彼女が困っているのだと気が付いたラリーは、ポップコーンを買ったお釣りの中から彼女に20ドル札をチップとして渡そうとしました。

彼女は戸惑って受け取りを躊躇したが、ラリーは「メリークリスマス」といって彼女の手に20ドル札を握らせました。その日はクリスマスだったのです。

彼女の顔はあっという間に笑顔に変わり、うれしそうにラリーにお礼を言いました。

それまで会社を解雇されてふさぎ込んでいたラリーは、彼女のうれしそうな顔をみて急に元気が出てきました。

このことがきっかけで、いよいよラリーの秘密のサンタとしての感動的ストーリーが始まります。

この続きは、数日後の続編を楽しみにしていてください。

続きはこちら

by知る蔵

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る