Global Information site~siruzou

丸亀町商店街はなぜ成功したのか?~商店街をショッピングセンター化

シャッター街修正

シャッター街
シャッター街になってしまった商店街と、今でも活気づいている商店街。

両者の違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは香川県(高松市)の「丸亀町商店街」の成功事例から、それを探ります。
わかりやすく言うと、

・商店街をショッピングセンター化した
・高層化して、上をマンションにした

ということです。

スポンサーリンク

商店街をショッピングセンター化した

商店街が廃れている理由は「ショッピングセンターに押されている」からです。
しかし、立地だけを考えたら、駅前などの中心部にある商店街の方が有利なはずなんですね。

「だったら、商店街を解体して、ショッピングセンターにすればいい」という発想が出るわけです。
丸亀町商店街はそれをやったわけですね。


大型ドーム広場&ブティック街

たとえばA街区(経営サイドの呼び名)というエリアは「ドーム広場&ブティック街」をコンセプトにしています。
天井がガラス張りの美しいドーム広場を作り、その脇にブティック街を作っています。

普通の商店街の場合は「服屋さん」がバラバラで存在しているわけですが、それを再開発の段階で「ブティック街」としてまとめたわけですね。
(再開発で撤退した服屋さんもあれば、新規で入ったテナントさんもあるでしょうが)


三越・紀伊國屋書店なども参加

上のブティック広場の反対側には、三越や紀伊國屋書店が入った別館があります。
「もう商店街じゃないじゃん」と思われるかも知れませんが、それが丸亀町商店街の成功の理由です。要は、

スポンサーリンク

・その場所を活性化させる
・今までの地主さん(お店屋さん)も満足する

という方法であれば、アプローチは何でもいいわけです。
「もはや商店街ではない」という状態でも、まったく問題ないわけですね。

実際、丸亀町商店街はもう一つ、普通の商店街とまったく違うことをしています。

6階以上はマンションにする

上で紹介したブティックや三越が入っている建物(壱番街の東館&西館)は、「6階以上がマンション」になっています。
西館は10階まであるので、かなりの戸数です。

冒頭にも書いたように、商店街は立地がいいのです。
買い物にもいい立地ですが、「人が住む」にもいい立地なんですね。

そこに、商店の主さんしか住んでいないのはもったいない。
高層化してマンションにして、多くの人が住めるようにしよう、というのが丸亀町商店街のやり方です。


大手不動産業者が参入する

ここまで来ると「マンションの賃貸でも利益を出せるな」と計算した、大手の不動産ディベロッパーも参入します。
そうすると、建物を建てるための巨額の費用も、彼らから出してもらうことができます。

このように、民間の大手から見ても「これは利益が出せる」というシステムであれば、初期投資は彼らがしてくれるわけです。
丸亀町商店街は自治体の融資も受けていますが、成功した理由で大きいのは、こうした「民間の資金」を呼び込んだことです。

とは言っても、これは考えてもすぐにできることではありません。
理由は「土地をまとめる必要がある」からです。
三越やマンションまで入るような建物を建てるには、土地の所有権をまとめる必要があるんですね。

これについて、丸亀町商店街は画期的な方法を考えました。
この方法については、次の記事に続きます。↓

シャッター街2

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る