Global Information site~siruzou

フォトスタジオを経営したい ~かかる開業資金や運営コストは?

model_studio

model_studio2フォトスタジオ(写真館)を経営するなら、「お客さんが撮影するためのスタジオ」として運営した方がいいでしょう。

安いデジカメでも綺麗な写真を撮れるようになった今、実は「プロの写真」の需要はあまりないのです。

ある意味これはビジネス的にチャンスでもあり「自分もスタジオで本格的な撮影をしたい」と思っている素人の方は多いんですね。

特に男性の間で「女の子のグラビアを撮る」というニーズは今でも依然として強いです。

ここではそのようなグラビア撮影(個人撮影)用のスタジオを運営する方法を紹介します。

スポンサーリンク

必要なスタジオ機材&費用の一覧

まず「スタジオ 個人撮影」と検索した時、Googleで上位表示されている秋葉原のスタジオさんを参考にさせていただきます。

ここはスタジオを2室持たれているのですが、その1室の機材や備品を細かく見てみましょう。

まず、機材や備品を商品名で検索して、Amazonなどでの価格を調査してみました。

当然前後するでしょうが、おおまかな金額の目安にはなるかと思います。

最初に合計を出しておくと1室の機材で「42万4710円」でした。

少し多めに考えて「45万」として、2室で90万~100万は考えておいた方がいいでしょう。
(機材の費用だけで)

以下、機材の一覧です。↓

・モノブロックストロボ(スタンド付き)…73770円
・〃(300Wのもの *上は200W)…97140円

0ストロボ
・リングライト…9800円

0リングライト

・レフ板…6000円
0レフ板

・ライト(150W)×2…59800円
・ライト(220W)×5…60000円
0ライト
・バックロール紙×6色…37200円
・カラークロス×11色…22000円

・イームズ椅子(シェルサイドチェアー)×2…8000円
0イームズシェルサイドチェア

・カラー三角チェア×3…18000円
0カラー三角チェア
・背景用壁紙(ワインケース柄)…4000円
0壁紙ワインケース
・〃(ベニヤ板柄)…4000円
0壁紙ベニヤ

・アンティーク風ソファ…25000円
0アンティークソファ

 

合計…42万4710円

撮影スタジオ用物件の賃貸相場は?

そのスタジオさんの場合、玄関やトイレなどのすべての場所もいれて、面積が大体42㎡でした。

秋葉原でそのサイズのテナントを探すと、家賃と共益費を合わせて26万前後、というのが相場でした。

スポンサーリンク

物件の古さにもよりますが、その物件の場合は「フォトスタジオなら、これより汚かったらアウトだな」という、築22年のものをピックアップしました。

ということは実際にはこれよりかかる可能性が高く、家賃と共益費で「30万前後」は覚悟しておいた方がいいかと思います。

水道光熱費やネット接続費などの合計がいくらになるかは、お客さんがどれだけ入るかにもよります。

基本的に冷暖房費などはカットできませんので、月7万くらいは最低でも用意しておくべきでしょう。

その他の雑費で月3万程度と考えて、月々の固定支出だけで40万はあるということになります。

初期投資金額の合計は?

スタジオ機材だけで、まず上に書いた通り「90万~100万」です。

そして、初月の家賃と光熱費などで「40万」です。

加えて物件を借りる時の礼金・敷金・保証金などがあります。

このルールは物件によってまったく違います。
(礼金・敷金はないけど保証金だけある、全部コンスタントにある、など)

ただ、平均するとこれらの支払いの合計が「家賃6ヶ月分」程度となることが多いようです。

となると、家賃30万の6ヶ月分ですから「180万」です。

契約時の礼金や敷金、保証金だけでもこれだけ要るということです。
(この時点で、合計320万)

さらに、スタジオの壁紙など、内装を整えるのに合計20万は必要でしょう。

また、受付やトイレなどを綺麗に整えたり、観葉植物を入れたりするのに、5万円程度は考えておくべきです(予備も含めて)。

ここまでで「合計345万」です。

他にもWEB制作を業者に依頼した時の料金などいろいろありますが、開業までに最低限必要な費用としては、このくらいが目安となるでしょう。

これにWEB制作の発注(15万程度)などが加わると、平均的な初期投資の費用は約400万程度になると思われます。

こうしたリアル店舗を構えるビジネスの初期投資は「大体500万~1000万は必要」と言われているので、それと比較したらやや安めかも知れません。

フォトスタジオの月の売上は?

このスタジオさんの場合、スケジュール表の空き状況で予約時間と予約内容を確認できます。

それである1週間の計算をしたら、大体30万前後でした。

これなら、月々のコストは2週間で払えそう、という印象です。
(この30万の中から、モデルさんのギャラも支払っているので)

ということは、残り2週間で約60万の利益が出るということですが、月給20万のスタッフさんを1人雇っていたら、それで残り40万です。

オーナーさんのお給料も考えると、利益が出るか出ないかは微妙なラインと言えるでしょう。

ただ、「スタジオ 個人撮影」というキーワードでトップに出てくるスタジオさんなので、他のスタジオと比較すると、経営状況はかなりいいのではないかと思われます。

それでもこういう概算になるので、フォトスタジオの経営は、モデルさんの撮影会の企画などでよほど人を集めない限り難しいでしょう。

今の時代、どんなジャンルのビジネスであれ、経営を波に乗せるというのは簡単ではないでしょうが、オリジナルな工夫をして独自のサービスを展開すれば成功も可能になるのかも知れません。

                        

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る