Global Information site~siruzou

コンビニの高級食パンが大人気!~2倍の値段なのになぜ売れる?

01

コンビニやスーパーで、材料や製法にこだわった「高級食パン」が大ヒットしているそうです。2013年4月にセブンイレブンが「セブンゴールド 金の食パン」を発売したところ、通常商品の2倍の価格にもかかわらず、1年間で3,300万個も売れました。

他コンビニやメーカー各社も追随してつぎつぎと新商品を発売し、ちょっとぜいたくな朝食を味わいたいという人たちの間で高級食パンブームが起こっています。

スポンサーリンク

「高級」が売れたのは、「おいしいものを少しだけ食べたい」という欲求!?

もともとコンビニはスーパーと違って、単身者がふらりと入って「ささやかなぜいたく」を楽しみたいという消費行動があります。最近ではそこに主婦層や高齢者も加わって、牛乳やパンなどの日常の食品を買い求める人も増えてきました。

健康志向を背景に、「低脂肪、低カロリー」の商品が多くなる中、消費者には「少しだけでいいから、おいしいものを」という潜在的なニーズもあったそうです。

セブンイレブンが発売した「金の食パン」は、「朝だけでもちょっとぜいたくしたい」という消費者の欲求を目覚めさせたのです。最近では、高級食パンを使ったぜいたくなサンドイッチもつぎつぎと発売されています。

「金の食パン」は、生クリームとハチミツ入りの独自製法でもっちり!

02

▲パッケージにも高級感が漂います(税込256円)

プライベートブランドの食パン開発には、大手パンメーカーの協力が得られず、製パンメーカー以外の企業に生地をつくってもらうなど、開発にはかなりの苦労があったそうです。

結果としてそれが功を奏し、セブンイレブンはカナダ産のパン粉を使い、生クリームやハチミツを加えるという独自の製法を編み出します。

もっちりした食感を実現した「金の食パン」は、通常商品の2倍の価格にもかかわらず、1日に10個以上売れる店が続出するという大ヒットになりました。店舗の売上が伸び悩む中、店の平均売上を1,000円アップするのも大変です。そんな中で、250円の商品が10個売れるというのは画期的なことなのです。発売半年後の2013年9月には、カナダ産のハチミツを増量するなどの改良も加えられています。

ローソンは発酵バターをつかって味にこだわりました

03

▲2枚入りです(税込144円)

セブンイレブンに追随したのはローソン。たんぱく質を多く含む北海道産の小麦「春よ恋」に、北海道産の発酵バターや純生クリームを加えた「ウチカフェブレッド」を、2013年11月に発売しました。「ミミまでふんわり」が特徴で、トーストするとミミの表面はサックリ、中はもっちりと焼き上がります。

セブンイレブンのパンにはマーガリンが使われていますが、「ウチカフェブレッド」はバターを使用。乳化剤やイーストフードを使っていないのも特徴です。新鮮さを保つために、食べきりの「2枚入り」で発売(税込144円)されています。
04

スポンサーリンク

ファミリーマートは、ふんわりと焼き上げたデニッシュ食パン!

05

▲デニッシュ食パン(税込258円)

ファミマでは、セブンイレブンの高級食パンに追随する形で、まずは2013年7月に「ファミマ プレミアムサンド」を発売。柔らかな専用食パンを使い具だくさんに仕上げたサンドイッチに、特に女性の人気が集まりました。

通常のサンドイッチよりも高めの280円~360円という価格設定にもかかわらず、当初予想の3倍の売り上げがあったそうです。

2014年1月には、「ファミマ プレミアムデニッシュ食パン」(税込258円)を発売しました。バターと生クリームをたっぷりと加え、これまでの食パンよりも長時間かけて発酵させた生地を、ふんわりと焼き上げています。甘みとクリーミーなコクがあると評判です。

06

▲値下げしても、キャラメルソースなどのフレーバーは従来通り自由に使えます

パンでは高級化・高価格化を進めるファミマですが、2013年秋に1杯120円で発売を始めたブレンドコーヒーの値段を、2014年4月から100円(税込)に値下げしています。

セブンイレブンでは1店舗当たり1日に1万円以上の売り上げがあるのに対して、ファミマでは7千円程度にとどまっているため、価格を下げることで1万円を目指すそうです。

パンメーカーも続々と高級食パンを発売!

07

▲3枚入りで120円程度(税別)です。

コンビニの高級食パンブームに、製パンメーカーもつづきました。山崎製パンでは、「ロイヤルブレッド ゴールド」「ダブルソフト ゴールド」「ユアクイーン ゴールド」の3種類を新発売。良質な小麦にバターを加えた独自の製法で、しっとりとした口どけの良い、弾力のある食感となっています。

敷島製パンは既に2012年から、北海道産の超強力小麦「ゆめちから」を使った「パスコ ゆめちから入り食パン」を発売していましたが、2014年1月にリニューアル。もっちり感をさらにアップし、生クリームとバターを増量、全粉乳とバターミルクパウダーを加えてコクをプラスしています。

各社が競争しておいしいものが食べられるというのは、消費者にとってはありがたいことです。「高級」といっても、食パンはそれほど高いものではありません。朝食を少しぜいたくしておいしいものにすれば、楽しい気分で一日を始められるのではないでしょうか? まだ試していない人は、ぜひ一度食べてみてください。

by 水の

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る