Global Information site~siruzou

スマホ専用サイトは本当に必要なのか?

スマートフォン

PC用サイトでスマホから注文がどんどん入る

これからはスマホの時代なのだから、当然ホームページもスマホ対応にしなければ生き残れない、などという話をよく耳にします。

でも、これって本当だろうか?

ちなみに、弊社もたくさんのホームページを所有していますが、基本的にスマホ用のサイトは1つもありません。

その結果スマホユーザーからのコンバージョンを失っているかというと、そうでもないんです、これが。

スポンサーリンク

弊社の所有する様々なサイトから発生するコンバージョンの約半数は、スマホやタブレットからです。

つまりサイト自体はPC専用のサイトなのに、スマホやタブレットから半分申し込みをされているということです。

PCサイトの方が全体を把握しやすい

個人的な意見ですが、本当にスマホ専用のサイトが見やすいのか、という疑問が少なからずあります。

サイトの本当の魅力をスマホの狭い画面の中で最大限伝えるというのは実際には不可能で、何かを省略せざるを得ないわけです。

その結果、トップページがカテゴリーのリンクボタンばかりで、どこを見ていいんだかさっぱり分からないようなスマホ専用サイトになってしまうわけです。

個人的には、あるサイトにスマホを使って訪問したときに、スマホ専用サイトが表示されていたら、速攻でPC表示に切り替えることが多いです。

その方がサイト全体を把握しやすいし、分かりやすいからです。

もちろん、文字や画像が小さくて見づらいという難点はありますが、見たい部分を拡大すればまったく問題ありません。

ちなみに、弊社のサイトは比較的大きめのフォントを使っていますが、これはスマホなどの小さい画面で見たときに、少しでも見やすくするための工夫でもあります。

スポンサーリンク

また、文章も段落を多めに切って、文章そのものが密集してしまって読みにくくならないような工夫もしています。

その結果、PC専用のサイトであるにも関わらず、スマホやタブレットからのユーザーを逃がすことなく、普通にコンバージョンさせることが出来ています。

そういったこともあって、スマホ時代の到来と言われますが、弊社ではいまのところスマホ専用サイトは必要ないというスタンスです。

スマホの普及で本当に鼻息が荒いWEB関係者とは?

attractive asian women using smart phone in the room
こういったスマホ化の時代の流れにおいて、敏感に反応しているのは、サイトオーナーよりもむしろホームページ作成業者やSEO業者だったりします。

どちらも、最近はビジネス的に厳しくなっている業界です。

かつては、ホームページと言えば基本的に専門家に依頼しなければ作成できないという認識がありましたが、最近ではいいソフトやWordpressなどの優れたCMSが登場してきたおかげで、HTMLやCSSなどの知識がなくてもホームページを運営することが出来るようになりました。

当然、ホームページ作成業者にすれば商売あがったりです。

そのような時に、スマホ対応サイトの制作とういうのは、彼らにとってまさにビジネスチャンス到来と感じたのかも知れませんが、果たしてどんなものか。

また、SEO業者もペンギンアップデート以降は非常に厳しい状況に追い込まれているところが多いようですが、起死回生の切り札としてスマホに期待するというのは少し難しい面がありそうです。

かつて、PC用の検索エンジンと携帯(いわゆるガラケー)の検索エンジンはまったく別物でしたので、対策もそれぞれ異なりました。

しかし、スマホとPCの検索エンジンは基本的にまったく同じです。

なので、スマホやタブレットが今後どんなに普及しようが、SEO業者には新たな切り口でのビジネスチャンスを見つけにくいというのが現状です。

気を付けたい悪質SEO業者の手口

一部の悪質SEO業者が、スマホとPCのSEOは異なるので、今すぐ対策しないと取り残される、などというガセネタをSEO素人のサイトオーナーに吹き込んでいるという話も聞きますが、くれぐれも騙されないようにして下さい。

ただ、PC用サイトとスマホ用サイトを持つ場合で、それぞれコンテンツがまったく共通であるといった場合に、重複コンテンツのペナルティを避けるためのセッティング等は必要になりますが、ただそれだけの話しですし、難しいことでもなんでもありませんのでSEO業者に頼む必要もまったくないわけです。

by 知る蔵

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る