Global Information site~siruzou

壇蜜が引退&立体駐車場を経営?本当にやった場合の初期投資はいくらか

Cartoon multi-level parking garage

最近、壇蜜さんが芸能界を引退して立体駐車場の経営をしたい、と発言されたことが話題になっています。

壇蜜さんの2013年の推定年収は1億円で、2014年もこれが続く見込みなので、2年間で1億円が彼女の手元に残ります(税金で半分取られるので)。

ここでは、1億円で立駐の経営に参加した場合、初期投資と回収はどうなるのかを計算してみました。

(壇蜜さんの年収の計算はこちらを参照→年収1億円の壇蜜が目論む『駐車場経営』

スポンサーリンク

一般的なサイズの立駐は、建設だけで4億円

立駐といってもサイズがいろいろなのですが、一般的なサイズで考えてみます。

■1フロア辺りの面積は?

リンク先では面積ごとの立駐建設の費用が書かれていますが、面積の一番小さい数字が「1000㎡」からスタートしています。

駐車場建設費用と1台あたりの面積

なので、建設コストに見合う利益が得られるサイズは、最低でも1000㎡と考えていいでしょう。

■何階建て?

一般的に立駐というと「3F」はあります。

実際、上のリンク先を見ても、建設コストが3Fから安くなっているので、3Fからの注文が得だと考えられます。

(3F建てにしても埋まるだけの需要がなければ、立駐を経営する旨味はあまりないでしょう)

なので、「1000㎡で3F建て」と考えましょう。

■その場合、建設費だけで1億4400万円

建設費用は、3階建て(3層4段)の場合、「1㎡あたり48000円」です。

1000㎡の3層で計算すると、「1億4400万円」となります。

建設費だけで約1億5000万円ということです。

土地を買うのにいくらするか?

これはどこで買うのかによって完全に違いますが、壇蜜さんが秋田県の出身ということで、秋田市と考えましょう。

壇蜜さんの出身は横手市ですが、人口10万人の横手市では立駐の経営チャンスは少ないと思われるので、秋田市で計算します。

(出身地から選ぶのは、不動産投資は土地勘のある場所でやるのが一番いいからです。つまり、自分の住んでいた土地か、今住んでいる土地です)

スポンサーリンク

■土地代で3300万円

2013年の秋田市の坪単価の平均は、

・取引価格…9.46万円
・地価公示…13.16万円

です。ここは間をとって、「約11万円」としましょう。

1坪=3.3㎡なので、上に書いた「1000㎡の土地」を買おうとすると、「300坪」になります。

なので、土地代は「約3300万円」になります。

ただ、立駐の需要が見込めるような土地で1000㎡で3300万円ということは、ないはずです。

私の実家が愛知県の田舎で4000万円の土地でしたが、広さもこれ以下でしたし、交通量はとても立駐を経営できるようなものではありませんでした。

なので、秋田市の土地事情はわかりませんが、最低でもこの3倍は必要と考えます。
となると、土地代だけでも「1億」は必要でしょう。

年間の利益は4200万円

まず、立駐では1台あたり20㎡から25㎡の面積が必要です。

仮に25㎡とすると、1000㎡の駐車場では「1Fあたり40台」駐車できます。

これを以下の条件で計算してみましょう。

・1時間の料金…100円
・1日の稼働時間…12時間

これで、1日あたりの売上は「1200円」です。

それで年間何日稼働するかですが、仮に「年間300日」としましょう。

そうすると「1台あたり、年間36万円」の売上です。

コストはこの規模の立駐の場合、1台あたり年間1万円ということなので、「1台あたり年間35万円」の利益が上がります。

そして、それが「40台×3F=1200台」なので、「35万円×1200=4200万円」。

つまり「年間4200万円の利益」が出ます。

初期投資回収に約4年?

この条件であらためて初期投資を見直すと、

・土地代…1億円
・建設費…1億5000万円

でした。手持ちの1億円をすべて土地代に使ったとして、1億5000万円は借り入れということになります。

そして、「年間4200万円の利益」が続いたら4年で全額回収できることになります。

ただ、実際はこの規模の立駐を自分で管理するノウハウは素人にはないので、経営を外注したり、専門家に高いコンサル料を払ったりする必要があります。

また、このレベルの稼働をする場所であれば、もっと高い地代も必要かも知れません。

そう考えると、実際には回収にはもっとかかるはずですが、とりあえず一つの参考数値としていただけたらと思います。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る