Global Information site~siruzou

絶食系男子がふえています~もう草食系男子の時代じゃない?

物思いにふける男性

「絶食系男子」という言葉が最近流行っています。

簡単にいうと「恋愛やキス・セックスなどをまったくしない男性」のこと。

もっと細かい定義の違いもあるのですが、とりあえずこのように理解してください。

ここでは、バリバリの絶食系男子である自分が「彼らが何を考えて絶食しているのか」をご紹介します。

少子化で悩んでいる政府や関連機関の方々などは、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

恋愛も風俗も興味があるが、お金がない

お金がない男性
絶食系も人それぞれなのですが、私の場合の理由は上記小見出しの通りです。

今現在私の月収は20万程度ですが、これで一人暮らしだと、生活するだけでギリギリです。

(個人事業の海外生活なので、申告する所得は少し違います)

自分は今30才なので、客観的に見て結構悲惨な月収だと思いますが、意外とこういう男性は多い気がします。

ユニクロの柳井会長の「これからの時代は、年収1億か年収100万に分かれる」という内容の発言をしている通り、「平均年収」の数字が当てにならない時代です。

ワーキングプアの男性の数は割と把握しやすいと思いますが、「ギリギリ、ワーキングプアではない」というレベルの男性の数は、把握が難しいと思います。

なので、「恋愛も風俗も興味があるけど、お金がなくて何もできない」という男性は多いと思うのです。

「風俗」に興味があるかどうか人によると思いますが、私は興味があっても金銭的理由から行かない人間です。

(こういうことを書いたり言ったりするから、余計モテなくなるということは重々承知しているのですが…。笑)

女性よりも仕事や趣味などを最優先する

撮影するカメラマニア
「恋愛しようと思えばできるけど、仕事や趣味を再優先している」という絶食系男子もいます。

これにも「夢追い系」と「オタク系」がいて、夢追い系は「実業家」「アーティスト」などの道を志して、一時期の低収入を我慢するために、恋愛を避けているというケースがあります。

(あるいは収入はあっても、寝る間もないくらい忙しいので、恋愛をする余裕はない、というケースもあります)

「オタク系」は特に説明しなくてもいいでしょう。多くの方が想像する「オタク」の男性の典型的なイメージを想像していただければと思います。

両者の違いは「夢追い系は後々恋愛をする気満々で、オタク系は一生する気がない」ということです。

もちろん、夢追い系が実際に夢をつかめるかどうかはわかりませんが、絶食系男子でも考えていることはそれぞれ違うということです。

草食系と絶食系の違いは?

混同されがちな両者の違いも説明しておきましょう。
両者とも定義があいまいなのですが、箇条書きすると下のようになります。

 草食系男子
・自分からは行かないが、女性から来てくれることはある
・ボディタッチが少ないだけで、恋愛はしている

スポンサーリンク

 絶食系男子
・女性から来ることもゼロではないが、草食系よりさらに少ない
・恋愛はしていない。ボディタッチはあるとしても風俗。

*「風俗すら行かない」を「絶食系」と定義する場合もある

…という感じです。

両方共定義は完全にあいまいなので、とりあえずの参考にしていただけたらと思います。

特に風俗の話に触れていますが、昔の男性はモテなくても風俗は行っていたので、それすら行かなくなった今の若い男性を「絶食系」と呼ぶこともあります。

このあたり、もう一段階用意する必要があると思うのですが、とにかくそのように定義そのものが複雑なので「とりあえずの分類」と考えてください。

本当に魅力ある男性は絶食系にはならない

アイドルのファン
絶食系男子の中には、自己評価が異様に高い男性も意外といます。

夢追い系の場合は「今はこんな生活をしているが、いつかビッグになる」ということを考えています。

オタク系の場合は…、これはごく一部の方ですが、何かの新興宗教にとりつかれた人のように「僕の見ている世界を理解できない人々は、何て可哀想なんだ」ということを考えています。

後者については「人に迷惑をかけない限り、個人の自由」ということでいいでしょう。

前者については、自分が今現在これにあてはまるので断言したいのですが、「現時点で恋愛するお金や時間がないのは、自分のレベルが低い証拠」だと思います。

今取り組んでいる仕事や趣味が、お金になるものなら、レベルが上がればお金を稼げるはずです。

お金にならないものは、スポーツや芸術など、多少お金がなくても女性にモテるものが多いので、これも十分低収入をカバーできるでしょう。

どちらにしても成功しても暇になることはないですが、それでもレベルの高い男性だったら少ない時間でも十分女性と意思疎通できるので、恋愛できるはずです。

大人になると多くの方が痛感していると思いますが、たくさんの時間を一緒に過ごしても、自分をしっかり持っていない人とは、深いコミュニケーションが取れません。

逆に、自分をしっかり持っている人同士なら、一度会っただけで無二の親友となることもできます。

恋愛もそれと同じ(らしい)ので、本当にレベルの高い夢追い系の男性だったら、絶食系男子になることはないのです。

なので、夢追い系で自己評価の高い絶食系男性は、

「いつかモテるにしても、それは未来の話である」

「現時点で他人から見えているのは、ただモテないだけの自分である」

という現実をよく理解すべきでしょう。

女性からすると「何でそんな当たり前のことを書くのか?」と思われるかも知れませんが、男性は女性が思う以上に、現実世界に生きていないのです。

(だからこそ、たまに大事業を達成できるという良さもあるのですが…)


以上、絶食系男子の定義や彼らが考えていることを紹介しました。

恋愛しない男性の心理を知りたい方など、参考にしていただけたら幸いです。

                        002

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る