Global Information site~siruzou

看護師のユニフォームはどうやって決めてる?

医療スタッフ

「白衣の天使」と言われるように、看護師のユニフォームは「白」というのがお決まりでした。

しかし、現在の看護師のユニフォームは実にさまざまなカラーがあり、黒、青、緑、ピンク、赤、紫、オレンジ・・・とバリエーション豊富です。

また、いそがしい看護師のために、通販で簡単にユニフォームをはじめシューズ、エプロン、帽子などを購入することもできます。

スポンサーリンク

何かしらのポイントがあると、一層やる気がでます

看護師にとって、一日中着ているユニフォームは、非常に重要なポイントです。たとえば、実用性に富んだユニフォームは、効率的に仕事をすることができ、安全性に富んだユニフォームは、患者さんに対して安心して医療を提供することができます。

またデザインも重要です。動きやすい服装であったり、病院のシンボルカラーであったりなど、何かしらのポイントがあると、一層やる気がでてきます。

モチベーションが上がるオペ着

私の経験上、看護師のユニフォームはそれぞれの医療機関で異なってきます。

しかし、病院によってもそのセクションによってユニフォームが異なります。たとえば、一般病床であれば、基本的には白いユニフォームで形状は自由、ICUやPICUなどの集中治療室であれば、そのセクション特有のユニフォームがあります。

スポンサーリンク

もちろん、手術室に関しては、昔から白衣というより、血液で汚染されても目立たないような濃色が主流です。

私が手術室で働いていたときは、術前訪問や術後訪問では白衣で、手術中はいわゆるオペ着といったように、ユニフォームを使い分けていました。

オペ着を着用すると、やはり手術室看護師という特別な存在から、モチベーションは高く維持されていたことを覚えています。

ユニフォーム手当でお気に入りをチョイス

病院によっては、指定ユニフォーム提供してくれるところもあれば、ユニフォーム手当を支給してくれて、好きなユニフォームを購入するというところもあります。やはり、憧れの看護師になったからには、形から入りたいものです。

私としては、看護師のユニフォームは、動きやすく、清潔感があって汚れが目立たない濃色が気に入っています。

もちろん、伝統的な白衣はそれだけで看護師らしい気持ちになります。たくさんの色とデザインから明るく爽やかで機能的なユニフォームを選んで、病院の花となりたいものです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る