Global Information site~siruzou

モテたいなら外車よりランクル? – 彼氏に乗って欲しいクルマ -

Offroadcar in the Mountains

男性が外国車(輸入車)に乗る理由はいろいろありますが、「女性にモテたい」というのはその最たるものの一つでしょう。

しかし、女性にモテるのに本当に外国車は有効なのでしょうか?

ここでは大手企業によるアンケート結果などを元に考察します。

スポンサーリンク

「彼氏に乗ってほしい車」ベスト5中、3つは国産車

中古車売買の最大手企業であるガリバーが運営するサイトで「Laboo!」というものがあります。

ここが2013年に女性(女子大生)にとったアンケートの結果では、「彼氏に乗ってほしい車」のランキングベスト5で、5車種のうち3車種を国産車が占めました。抜粋すると、

・2位…日産フェアレディZ
・4位…日産スカイライン クーペ
・5位…トヨタ ランドクルーザー

となっています。あとの2車種は、

・1位…BMW3 セダン
・3位…クライスラー ジープ チェロキー

となっています。1位と3位を譲ってはいるものの、ベスト5に3車種入っているというのは、「国産車は十分ブランドとして認知されている」ということではないでしょうか。

日本車は、海外では最高級ブランドである

外車外車といいますが、そもそも海外に行けば日本車も立派な「外車」です。

そして、世界的には一番人気の外車は、やはり「日本車」なのです。

もちろん、ステータスを重視してランボルギーニを格好いいと思ったり、ロールスロイスに憧れたりという層はどの国にもたくさんいるでしょう。

しかし、大衆的にやはり一番人気なのは日本車です。

価格の問題で、タタ・モーターズなどの激安の車に乗る外国人も多いですが、「買えるならやはり日本車がいい」と思っている人が多いです。

数年前まで、ミャンマーでは10年落ちのランドクルーザーが、1000万円で売れていたという話も、しっかりとした書籍に書かれているくらいです。
(100万円ではなく1000万円です。ミャンマーにも富裕層はいるのです)

こうしたことを考えると、そんな最高級ブランドである日本車を、格安で買える日本という国にいながら、やたらベンツやBMWを欲しがるというのは、まさに「世界一愚かな金持ち、日本人」(*)なのかも知れません。

*マダム・ホー女史のベストセラーのタイトルより

モテたいならランドクルーザーに乗れ?

さて、上のランキングに話を戻しましょう。

この中で一番手に入れやすいのはやはり「ランドクルーザー」でしょう。

スポンサーリンク

ランクルは新車だと250万~500万程度しますが、中古であれば、安ければ40万円台から手に入ります。

そして、トヨタということで安定性も抜群ですし、悪路にも強いので、多少激しい乗り方をしても問題はありません。

さらにポイントが高いのは「たくさん乗れる」ということです。上の3車種では、日産のフェアレディは2人乗りです。

そして、スカイラインは4人乗りです。

これに対してランクルは5人乗りです。荷物を入れるスペースも大きいです。

実は、2人乗りのフェアレディのようなスポーツカーは、一部の女性にはあまりウケがよくありません。

2人でデートするには確かにいいのですが、「みんなでバーベキュー」とか「スノボやサーフィン」という時には、まったく役立たないからです。

また、そういうイベント以外でも、一緒に生活をするようになると、購入した家具などを運んだりと、車内のスペースは意外と重要になります。

スカイラインなら問題はないかも知れませんが、それでも大きな荷物は乗りにくいですし、外見からすると、アウトドアに出かけるにはやはりランクルの方がいいです。

スカイラインで出かけてももちろんいいのですが、「みんなで海に行くぜ!」というテンションがより高まるのは、やはりランクルでしょう。

そして、普段走りでもランクルはもちろん問題ありません(基本的に、普段走りで問題のある車は軽トラックくらいです)。

このように運転の用途の広さ、価格の安さを考えると、ランクルが一番コストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。

女性は男性を総合的に見ている

最後のこれが決定打なのですが、女性は男性を「車だけ」で見ることはしません。

中には車マニアの女性もいるかも知れませんが、そんな女性は1000人中2人など、極めて低い確率でしか存在しないでしょう。

車が大好きな女性であっても、基本的には、男性を「総合」で見るものです。

総合というのは、本当に恐ろしいほど幅が広く、外見・経済力・趣味・性格など、何でもです。

もっと細かく言うと「貯金はどれだけあるか」「金銭感覚は問題ないか」「自分にどれだけお金を使ってくれるか」など、ありとあらゆる部分を見ています。

こういう総合的な部分をすべて満たした上で、外車やフェアレディなどの高い車に乗れるのであれば、それはそれでいいでしょう。

しかし、それを満たしていないのにこれらの高級車に乗るというのは、ほとんどの女性からすると「バランスが取れていない」となるわけです。

もちろん、車が大好きで、女性からどう見られるかよりも、自分が好きな外国車、高級車に乗りたい、というのはいいと思います。

そういう美学を貫く男性は、個人的にとても好きです。

ただ、「女性にモテたい」という理由であれば「もっと総合的に考えた方がいいですよ」ということです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る