Global Information site~siruzou

格安でも見た目は外車!女子ウケのモテ車『マツダ・ロードスター』

mazda

最近の若い男性は、「女性にモテること」「車を持つこと」に興味がないと言われています。

しかし、前者に関しては嘘だと断言します。(お金があって、生活に余裕があって、自分に自信があったら、絶対に誰でもモテたいと思うはずです)

そして、後者についても「車が嫌い」というよりも「お金がかかるから嫌だ」という理由が大きいようです。

しかし、もし「格安(維持費含む)」で「いかにもモテそうな車」に乗れるとしたらどうでしょうか。

おそらく、多くの男性は考え方を変えると思います。

ここではそんな「格安のモテ車」として、マツダのユーノス・ロードスター(以下「ロードスター」)を紹介します。

スポンサーリンク

マツダ ユーノス・ロードスターとは?

ロードスターの特徴を箇条書きで説明すると、

・外車みたいなデザイン
・2人乗り
・スポーツカー

ということです。

画像を検索していただくとわかりますが、車のことをあまり知らない人であれば、「あ、外車の画像だ」と思うでしょう。

2人乗りという点で、荷物を運んだりする時に不便なこともありますが、特にデートにおいて「特別な雰囲気」を出しやすくなります。

(荷物については、買い物したお店の宅配サービスを利用したり、そもそもAmazonで購入したりすれば問題ありません。大人数で出かける時は、レンタカーを使いましょう)

中古車での相場は?

ロードスターは新車であれば200万程度することが多いですが、中古車であれば最安で5万円というものもあります。

さすがに5万円のものは、年式が古すぎたり、デザインが地味だったりするので、デザインや年式で問題のないものを探すと、大体35万円~40万円といったところになります。
これは車両価格だけではなく、税金なども含めた「支払総額」なので、購入時にこれ以上のお金がかかるということはありません。

なので「ロードスターは40万円で買える」と考えていいでしょう。
(デザインについては好みがあるかと思いますが、総額40万円あれば、ほとんどの人の好みに合うものが確実に見つかる、という手応えでした)

ロードスターの車検費用・燃費は?

ロードスターの車検費用は、車体のタイプにもよりますが、6万円前後が多いです。

外国車ではなく国産車なので、車検費用が平均的であることは当然ですが、とにかく、車検の費用については何も心配は要らない(これが心配なら、そもそも車に乗るべきでない)というレベルだと考えていいでしょう。

燃費も問題ありません。

スポンサーリンク

基本的に国産車はどれも燃費がいいですが、ロードスターも同様で、格別燃費がいいということはありませんが、悪いということもありません。

なので、ガソリン代についても、これまで車に乗っている人であれば、特に変化は起こらないと考えていいでしょう。
(むしろ、1人なのに5人乗りの車などを利用していた人の場合は、ガソリン代が安くなるくらいではないかと思われます)

このように、

・外見は完全外車
・価格・維持費は格安の国産

という特徴を考えると、冒頭に書いた「格安で乗れるモテ車」の代表は、まさにロードスターであると言ってもいいでしょう。

(車に疎い人に対しては、「何に乗ってるの?」と聞かれたら、「マツダのロードスター」ではなく、「ユーノスのロードスター」と言っておけば、「ユーノス」というヨーロッパあたりの外車の名前なのだと勘違いしてもらうことも可能です)

「モテ」は必ず「総合得点」で考えよう

上のように、非常にコストパフォーマンスのいいモテ車であるロードスターですが、「でも、やっぱり外車じゃなくマツダでしょ?」という偏見があるかも知れません。

しかし、「モテ」を意識する時、このような細部にこだわることは不要です。

このブログの他の記事でも書きましたが、「女性が男性の車だけを見る」ということはないのです。

女性は必ず、男性を「総合的に」見ています。

女性にモテたいのであれば、車という細部だけにこだわらず、総合的にバランスの取れたお金の配分をするべきなのです。

具体的には、「外見」「デート代」「プレゼント代」「貯金」などにバランスよく資金を配分しよう、ということですが、こうしたバランス感覚というのは、恋愛以外でもすべてにおいて重要です。

■日本車が世界で苦戦し始めた理由

たとえば今、日本車は途上国では苦戦しています。

理由は、インドのタタ・モーターズなどの激安車が、「新車でも20万円」というような価格で販売されているからです。

性能では確かに日本車が圧倒的に上です。

しかし、それだけでは世界で勝負はできないのです。

車は芸術作品ではなく「商品」ですから、クオリティと価格のバランスで、人気が決まります。

人間もそれと同じように、「バランスのいい人」というのは、恋愛市場においては非常に有利なのです。

「いや、そんな普通の男になりたくない」という気持ちはわかりますが、そういう男性に限って、女性に対しては「普通にかわいい」ということを望んでいると思います。

車を選ぶ時でも何でも、自分の立場で考えるのではなく「相手の立場」に立って考えてみると、「好かれるための選択」というのは、自然にできます。
(もっとも、人間は人に好かれるために生きているのではないですが。あくまでそれを求めるなら、という話です)

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る