Global Information site~siruzou

薬嫌いな子どもに飲ませるコツ~無理やり飲ませるのはNGです

薬が苦手な女の子

育児真っ最中のお母さんが最も気を使うのは、子どもの体調管理になります。

たとえ風邪の場合でも、子どもは薬を飲むのを嫌いますから、そんなときには薬を飲ませるために大変な苦労をするものです。

さまざまなアイデアで薬嫌いの子どもに飲ませる工夫をしている方が多いですが、そのすべてが正しい方法というわけではありません。
スポンサーリンク

飲ませるためにミルクや食事に混ぜていませんか?

離乳食前の子どもの場合、薬を飲ませるのも一苦労だと思います。ミルクや食事に混ぜたらどうなのか?と聞かれたことがありますが、離乳食前の子どもにとってミルクは大切な食事の一つです。

その大切な食事に苦味のある薬などを混ぜることで、ミルク自体に対して抵抗感を感じてしまうようになってしまっては、後々の成長にも大きく影響することになります。

薬を混ぜるのであれば、食事以外のもの、たとえば、デザートやジュースといったものに混ぜるなどするようにするといいでしょう。

また、頑なに口を閉ざして薬を飲まない子どもに無理やり飲ませると言う強引な方もいます。しかし、この方法は子どもの薬嫌いをさらに深刻なものにしてしまうことになります。

口の中へ入れることに成功しても、その後に吐き出してしまうことも多いため、適切な方法であるとは言えません。できるなら食べ物に混ぜるなどして自発的に摂取する方法を考えてみましょう。
スポンサーリンク

粉末薬はシロップへ混ぜてしまおう


それから、粉末薬とシロップが併せて処方されることもあります。この場合、複数の薬を飲むことを嫌がることが多く、特に粉末などは飲みにくいため、強く嫌がる子どもも多くいます。

このような時には、一回分の薬を混ぜて飲ませてみましょう。混ぜることで一度の手間ですみ、子どもも粉末を気にせずに飲むこともできるため、薬に対しての抵抗感を持たずに薬を飲むことができます。

子どもに薬を飲ませるということだけでも相当な苦労を必要とします。

できるならば病気などにならないように普段から気をつけておくことがベストですが、子どもは病気をすることで抵抗力をつけている側面もあることから、ある程度病気になるのは仕方がありません。

だからこそ、病気になった際にできるだけ薬をきちんと飲ませて、早めに治すように工夫をしなければいけません。飲ませ方に困ったら医師や薬剤師に遠慮なく相談してください。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る