Global Information site~siruzou

知らないと怖い妊娠中の服薬と胎児への影響について

診察を受ける妊婦

多くの女性の幸せの形の一つでもある出産ですが、

妊娠に関しては十分に注意をしなければなりません。

妊娠中の服薬などは、胎児にどの程度の影響が出るかなど想像もつかず、場合によっては服薬が原因で障害を持ってしまうなどのケースも報告されています。

体調不良などの場合にやむを得ず薬を飲むこともありますが、その際には十分に注意をしましょう。

スポンサーリンク

妊娠中だからこそ必要になる薬

妊娠中は薬の扱いに関して平時よりも気をつける必要がある妊婦ですが、逆に妊娠中だからこそ必要になる薬と言うものも存在します。

その一つが鉄剤になります。

妊娠をすると、赤血球の原料となる鉄分を胎児へ分配するため、母体の鉄分が不足しがちになります。

血中の鉄分が不足すると貧血になるなどの症状が現れることになるため、妊婦の多くは鉄剤を服用しています。

フルーツを取り入れて効率的に鉄分補給

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s母体の鉄分が不足すれば、胎児へ送る鉄分も不足することになり、胎児を十分に育てることが難しくなります。

スポンサーリンク

鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると吸収されやすく、食事にフルーツなど取り入れることで効率的に鉄分の補給を行なう事が出来るようになります。

鉄剤を服用すると便秘になりやすくなりますが、あまりに酷いようであれば医師に相談をするなどの必要があります。

鉄剤は、一部の抗生物質と同時に服用するとその効果が半減してしまう事もあるため、服用する際は医師・薬剤師に相談する必要があります。

妊娠中はナーバスになりやすいですから、医薬品に関しては特に気を使っていると言う方も多くいます。

以前の職場でも妊娠中の方が多くいましたが、やはり妊娠中でも安心できる薬を教えて欲しいと言う要望が多かったのをよく覚えています。

母体の健康が胎児の健康に直結

a0001_006361胎児に対しての影響を懸念するのであれば、副作用の心配のほとんどない漢方などもいいでしょう。

風邪など妊娠中でもかかる可能性のある病気に対しては、胎児への影響を考えて使用する方も多くいます。

母体の健康は、そのまま胎児の健康に直結する大切なものです。

お腹の中の子供のためにも十分な栄養と休息をとって無事に出産を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る