Global Information site~siruzou

薬が苦手な人へのアドバイス~どうすれば飲みやすくなるか

薬を持った女性

薬が苦手と言う方は多くいます。

粉末剤であれば、水に溶かして飲むと言うことも可能ではありますが、錠剤やカプセルと言った場合にはそういうわけにもいきません。

薬が飲みづらい理由は人によってさまざまですが、飲むことに抵抗感を感じている方は、一工夫することで苦手意識を克服することができます。

薬を飲みやすくする方法は?

大きな錠剤が飲みづらい場合、錠剤カッターと言う便利な器具があります。錠剤を半分に割るための専用カッターで、この器具を使うことで錠剤を小さく分割することができます。

スポンサーリンク

分割をすることで比較的飲みやすくなり、水で流し込むことができるようになります。糖衣錠の場合は、さらに細かく粉砕するなどすれば飲みやすくなります。

カプセルの場合、飲み込む方向を工夫することで、飲みにくさを克服することもできます。また、口に水を含んだ状態で薬と水を同時に飲み込むようにすると、比較的飲みやすいでしょう。

粉末の薬が苦くて飲みづらい場合にはオブラートに包むことで飲みやすくなります。ゼリー状のオブラートを使えば、のどごしもツルンとしてさらに飲みやすくなります。

薬をカットするときには大丈夫なのかの確認を

薬を飲む男性
薬には胃や腸で解けるように計算されて調合がなされています。それぞれ、どこで溶けて吸収されるかが計算されて作られていますので、飲みづらいからと言ってむやみに砕いたりするのは得策ではありません。

錠剤カッターを使ったりする場合には、薬を半分にカットしても大丈夫なのかを薬剤師に確認するなどするといいでしょう。

私が担当した患者さんの中にも薬を飲むのが苦手と言う方がいましたが、カッターで分割をしたところ、非常に飲みやすくなったと喜んでいました。ちょっとした工夫次第で薬を飲みやすくすることができます。

においや味が苦手と言う場合には、それらを消すための工夫、飲み込むのに大きいと感じるのであれば、小さくする、あるいは抵抗感なく飲めるように工夫をすることが大切です。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る