Global Information site~siruzou

子供がどうしても薬を飲んでくれないときの効果的な対処法

薬嫌いな子供に内服させる方法

大人と違って、子どもは本当に厄介なものです。

大人であれば、多少の不都合や苦手と言ったものも必要であるならば我慢をするものですが、子どもは良くも悪くも自由であるため、嫌いなもの苦手なものに対しての拒否反応は尋常ではありません。

それが顕著に現れるのが薬を飲むという行為でしょう。

スポンサーリンク

力ずくで飲ませる行為は逆効果

子どもが薬を飲んでくれないと嘆いている親御さんもいるでしょうが、力づくで飲ませるなどは逆効果です。無理に飲ませると薬に対する抵抗感が増してしまい、余計に薬を嫌いになってしまう子どもも多くいます。

いかに薬が悪いものではない、飲まなければならないものであると言うことを理解させることが出来るかが鍵になります。

アイスクリームなどデザートに混ぜて飲ませてしまうというのも一つの方法ですし、シロップを処方してもらうという方法もあります。

無理に飲ませなくてもいい薬もある

体調が悪いからといって、全ての状況で薬を飲まなければならないと言うわけでもありません。病気の症状によっては薬を飲まずともいい状況と言う事もあります。

咳、鼻水、下痢などの場合には、特段、薬を飲まずともいい事もありますので、そうした場合には無理に飲ませずにいると言うのも一つの方法です。

ただし、抗生剤など病気を治すために必要な薬は飲ませる必要がありますので、何を飲ませなければいけないのかをきちんと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

シロップ型や座薬などを使用する方法も

子どもが飲みやすい薬というのもいくつかあります。悩むだけではなく、医師や薬剤師に相談をしてみるといいでしょう。

同じ効果の薬でも別の味のものもありますし、子どもに飲ませずに肛門から差し込む座薬などもあります。

やはり以前の職場で子どもが薬を飲まなくて悩んでいるという親御さんから相談を受けましたが、シロップ型や座薬などにした結果、苦労せずに薬を飲ませたりすることができるようになったと喜んでいました。

特に座薬はお尻から入れるものですから、子どもは味を感じることなく使うことが出来ますので、比較的楽に使うことが出来る薬としても人気があります。

ただし、使用前にはベビーオイルなどを使用するなどして、出来るだけ抵抗感なく入れてあげるなどすると、子どもも座薬への抵抗がなく使えます。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る