Global Information site~siruzou

最も効果が期待できる鎮痛剤を薬局で選ぶ時のポイント

女性 頭痛 腰痛 肩こり

怪我などを負った際、あるいは病気などで頭痛がするといった場合に

必要になるのが鎮痛剤になります。

痛みを抑えることで精神的にも随分と楽になるため、無理をせずに鎮痛剤を飲んで休むのが最善策といえるでしょう。

薬局で必要な薬を購入する場合には、それぞれの症状にあった薬が必要になります。

どの薬をどの症状の時に必要なのかと言うことをきちんと把握して、効果的な薬を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

症状によって最適なものを選ぶ

まず、発熱などによる体の痛み、頭痛などの場合には、解熱鎮痛剤を選んでください。

メーカーごとに様々な種類がありますが、解熱鎮痛剤であれば大抵は同様の効果ですので、薬局の薬剤師に相談をしてみてください。

出来るならばすぐに痛みを取り除きたいようなときには、イブプロフェンやアスピリン、アセトアミノフェン配合のものがいいでしょう。

比較的効果が早く楽になることができます。

病気による頭痛や体の痛みではなく、肩こり・腰痛などによる痛みには、急性であれば炎症を起こしている可能性が高いので、冷湿布などがいいでしょう。

これが以前から続いているような慢性的な肩こり、腰痛の場合には温湿布です。

ただ、湿布はかぶれやすいので苦手と言う方には、塗り薬やスプレータイプもありますので自分に合ったものを選んでみてください。

身近に買えるようになったロキソニン

昨今では、ロキソニンが薬局でも扱えるようになって、鎮痛剤もより効果の高いものを選ぶことが出来るようになっています。

一部の薬局でしか扱われていませんが、ロキソニンの効果はやはり非常に高く、様々な症状に対して高い鎮痛効果を発揮します。

時折、ロキソニンを求めてくる方もいますが、やはり効果の強い薬であるため、扱いが難しく、扱っている薬局を案内する事になります。

女性特有の月経痛に対しても効果があり、幅広い範囲で使うことが出来る鎮痛剤ですから、いざと言う時のために常備しておくというのも一つの手でしょう。

仮にロキソニンがない場合でも、鎮痛効果を十分に発揮する医薬品は多くありますので普段から用意しておくと、いざというときに役立ってくれます。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る