Global Information site~siruzou

インフルエンザの解熱に市販のロキソニンは効果がありますか?

a0001_015440

毎年、冬に差し掛かったあたりで猛威を振るい始めるのが

インフルエンザになります。大人も子供も分け隔てなく、多くの方がインフルエンザに感染し、病に臥せってしまいます。

予防接種を受けることである程度の予防をすることは出来ますが、予防接種を定期的に受けている方自体が少なく、10人に1人程度の割合だと言われています。

スポンサーリンク

インフルエンザで処方されることの多いロキソニンですが

インフルエンザで厄介なのは高熱ですが、解熱剤で有名なのがロキソニンになります。一般用医薬品として販売されるようになり、特定の薬局などで見ることが出来るようになった薬でもあります。

インフルエンザにかかっているとき、無闇に薬を使うのは逆効果ではないのかと考える方もいるかもしれません。

実際、インフルエンザの時に解熱剤を使用したところ、インフルエンザ脳症になる可能性があると言われており、特に子供に対しては最もリスクの少ない薬が処方されることが多くなります。

インフルエンザと解熱剤は非常にデリケートな問題でもありますが、ロキソニンは安全性も比較的高く、解熱効果もあるため、インフルエンザ感染時に対しても効果を見ることが出来、インフルエンザで処方されることも多くあります。

解熱剤はなるべく使わない方が...

解熱作用を期待してロキソニンを服用すると言う方もいるかもしれませんが、インフルエンザに感染した際には、出来るだけ解熱剤を使わないようにすることが必要です。熱と言うのは、体内で増え続ける細菌を退治する役割を持っています。

熱を出して細菌を駆逐しているのに、その熱を下げてしまっては、細菌を退治することが出来ずに体内で細菌が増殖してしまうことになります。

以前の職場でインフルエンザの時に効果がある解熱剤は何かと聞かれた事がありますが、わきの下や首元、太ももなどを冷やすことで解熱剤を使わずに治す方がいいと説明をすると、大変驚いていました。

薬剤師としては薬を買ってもらったほうがいいですが、無闇に薬を使って体を壊されるのは本意ではありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る