Global Information site~siruzou

花粉症の薬はどのように効くのでしょう?抗アレルギー薬・ステロイド

花粉症 くしゃみ

花粉症は多くの人を悩ませていますが、いまだに治療法のない不治の病の一つです。

花粉に対するアレルギー症状である事は分かっていますが、根本的に治療する方法は現代医学をもってしても困難です。

症状を和らげるために医薬品もありますが、花粉症の薬が人の体の中でどのように作用しているのかが知りたいと言う方もいるでしょう。

花粉症の治療薬として処方される薬は抗アレルギー薬になります。治療薬と言っても、症状が出てから服用するものではなく、症状が出る前から服用して花粉症の症状が出ることを抑える予防薬になります。

スポンサーリンク

花粉症が起こるしくみと抗ヒスタミンの効果

身体の中に侵入した花粉は、アレルギーの主役のマスト細胞を刺激して、ヒスタミンやロイコトリエン、血小板活性化因子(PAF) などの化学伝達物質を放出させます。

これらの物質が鼻の神経や血管を刺激するためにくしゃみ、鼻水、涙などの花粉症の各種症状を招きます。

抗ヒスタミン薬はヒスタミンの作用阻害し、即効性がある反面、鼻水に対しては効果がなく、抗アレルギー薬は、飲み薬として一番広く使われているもので、症状全般を抑えますが効果が出るまで2週間ほどかかります。

ステロイド薬は即効性があり全症状に効果あり

他、花粉症の治療薬、緩和薬として使われるのがステロイドなどになります。ステロイド薬は主に噴霧薬として使用され、マスト細胞の働きや増殖を抑える働きがあります。

用量が少ないので副作用の心配もなく、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの全症状に効き目があります。また、即効性があるため、これらの薬を上手に組み合わせると、7~8割の人に対して症状を抑止することが出来ます。

外科治療という方法もありますが

以前の職場にも花粉症に悩んでいたと言う方がいましたが、上記の薬を組み合わせたところ、驚くほどに症状が抑えられて楽になったと言っていました。

効果は個人差がありますが、多くの方に効果のある薬だと言えます。それでも花粉症の症状が治まらない場合には、病院で外科治療と言う方法もありますが、最終手段として考えておくといいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る