Global Information site~siruzou

子どもの食欲がないときに食後の薬はどうすればいい?

離乳食と赤ちゃん

体調が悪くなると食欲も思うように出ませんね。

子どもが病気になったとき、きちんと食べてくれないと、食後の薬も飲ませることができないと悩んでしまう方も多くいます。

また、せっかく飲ませた薬を吐き出してしまうということもあるでしょう。

子どもに思うように薬を飲ませることができない状況に、イライラしてしまうことも少なくないのではありませんか?

スポンサーリンク

嘔吐のあるときの食後の薬を飲ませるタイミング

体調の悪い時は食べたものを吐き出してしまうこともよくあります。食後と書かれている薬は食後30分以内であればいいので、食事の直後に飲ませる必要はありません。

子どもの体調を確認しながら、容態が落ち着くなどした場合に飲ませるようにするといいかもしれません。

また「食後」と言うタイミングがいまいち分からないという方もいるかもしれません。

食後のタイミングは、およそ食後30分以内が目安になっています。しかし、厳密に30分以内に飲まなければならないと言うわけではないので、それほど神経質になる必要もありません。

特に体調が悪くて嘔吐があるなどの場合には、多少時間を長めに様子を見て、1時間程度以内に飲ませるなどするのも一つの手です。

無理に飲ませるのは本末転倒

具合の悪い女の子
食後の薬を飲ませるために、無理に食べさせるのは、嘔吐の原因にもなりますので本末転倒といえます。

子ども用の薬の場合、大人用と違って胃が荒れる成分も少なくなっているので、それほど食後という点に関してナーバスになる必要はありません。

乳児の場合には、ミルクの途中で薬を飲ませ、再度ミルクを与えるなどすることで、乳児が満腹になる前に薬を飲ませることもできます。

子どものことを心配するあまり、病気を治すではなく、薬を飲ませることが目的になってしまうこともありがちです。

せっかく飲んだ薬も吐き出してしまっては意味がありませんから、体調に合わせて、落ち着いてきたときに飲ませるようにするといいでしょう。

病気の子どもに飲ませるのが大変と言う相談をよく受けることがありますが、やはり薬を飲ませることが目的になっているようでした。

どうしても「やらなければ、薬を飲ませなければ」と考えてしまいがちですが、大切なのは子どもの体調をよくすることであると言うことが何より大切なことです。
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る