Global Information site~siruzou

日本の国土は意外に大きかった!~ 世界の国々比べてみました

地球儀 日本と中国

世界地図をながめていたら、小さな国がたくさんあることに気がつきました。

意外にも、世界の中では日本はそこそこ大きな国です。よく知られていることですが、世界一小さな国はローマ法王の「バチカン市国」で、0.44k㎡。東京ディズニーランド(0.51k㎡)よりもせまいのです。

日本の国土は377,930k㎡で、バチカンのおよそ86万倍もあります。バチカン市国の国土と比べれば「巨大」な国です。

たしか小学校時代に「日本は小さい」と習いました。「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く!」という交通標語もありました。

でも調べてみると日本よりも小さい国は、大きい国よりもはるかに多いのです。おとなりの韓国よりも3倍以上、台湾よりも10倍も日本は大きいです。日本の国土は少しも狭くなどありません。アジアでは8番目の大きさです。

スポンサーリンク

世界の中では「大きな国」!

「属領」なども国としてカウントすると世界には244の国・地域があり、そのなかで日本は62番目。およそ上位25%に入っています。国連加盟193国の中でも上位30%程度。順位は決して下の方ではありません。

これまで、「ファー・イースト(極東)の小さな国」だと卑屈になっていましたが、ぜんぜんそんなことはなかったのです。

世界一大きな国はロシアで日本の45倍の面積があり、世界の陸地の11.5%を占めています。2番目はカナダ、3番目はアメリカ、4番目は中国、5番目はブラジル、6番目はオーストラリアの順です。以上6か国で陸地の42%を占めます。

こうした大きな国があるため日本を小さく感じてしまうのでしょう。

ドイツよりも大きい!?

かつて西と東に分かれていたドイツは、ひとつになったために大きな国のイメージがありますが、日本よりも国土は狭く357,121k㎡です。北欧のフィンランドやノルウェーも日本より小さいです。

メルカトル図法などの平面の地図では、北の国は拡大表示されるため一見大きく見えますが、フィンランドは338,481k㎡、ノルウェーは323,787k㎡。日本より少し狭いのです。

日本の3分の2なのに、国土の大きいイギリス!

イギリスの面積は242,495k㎡で、日本の3分の2ほどしかありません。ただし、海外領土や王室の属領を含めると、1,986,120k㎡。日本の5倍以上となります。

スポンサーリンク

見た目は小さいですが、イギリスは「大国」です。自動車レースで有名な「マン島」は王室の持ち物です。

意外と小さいデンマークやスイス、オランダは日本の10分の1!

デンマークは43,094k㎡、スイスは41,285k㎡、オランダは37,354k㎡と日本の10分の1ほどしかありません。意外と小さな国なのです!

ただし、デンマークは、グリーンランドなどを含めると2,220,093k㎡となり、日本よりもはるかに大きくなります。グリーンランドは世界一大きな島です。

南極はフランス領!?

フランスは南極の周辺にいくつかの島を領有しています。これに加えて、南極大陸の東の一部「アデリーランド」と呼ばれるエリアを自国の領土と主張しています。

国際的には認められていませんが、南極点から海岸までの432,000k㎡を領土としており、その広さは日本の国土よりも大きいのです。

南極はどこの国?

アルゼンチン、オーストラリア、イギリス、ノルウェー、ニュージーランドもそれぞれ主張しています。

南極に自国の領土を主張する国はフランスだけではないのです。なかでも最も大きな面積を「領有」するのはオーストラリア。南極大陸の東の部分5,896,500k㎡、日本の面積の15倍以上の土地を「持って」います。

もしこれがオーストラリアの持ち物ということになれば、ロシアに次いで世界第2位の国土面積となります。

南極については、「南極条約」によって平和利用や科学調査の自由などが決められていますが、領有権については取り決めがありません。どこの国のものなのかは曖昧なままとなっています。

国土のない「国」もある!?

イタリアのローマには、「マルタ騎士団」という国のようなものがあります。十字軍時代の三大騎士団のひとつ「聖ヨハネ騎士団」が現在まで残っているものです。

正式には「国」として認められていませんが、「主権実体」として認められており、国連にもオブザーバー参加しています。かつては領土を持っていましたが、現在の国土面積は「0」。世界で最も小さな「国」です。

ちなみに世界で一番小さな島国は、「ナウル共和国」。太平洋の南西部にあるサンゴ礁の島で、国土面積は21k㎡しかありません。

人口も1万人と小さな町ほどのサイズの「国家」です。かつてはリンの採掘で栄え、医療や教育は無料で税金はなく、全国民に給料が支払われるという世界でもっとも豊かな国でした。

現在は鉱脈が絶えて財政破たんし、日本など外国の援助で成り立っているそうです。

イースター島は、日本の領土になりかけた!?

モアイ像で有名な「イースター島」は、南太平洋ポリネシアに浮かぶ孤島です。はるか遠くの南米チリの領土です。第二次世界大戦前には軍事費捻出のために売却計画があり、日本にも購入の打診があったそうです。

当時は国際的な緊張が高まっていたため、アメリカとの関係に配慮して日本は購入を断念しました。

もしそのとき買っていたら、モアイ像のあるあの島は日本の領土になっていたのです。惜しいことをしました!

By 水の

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る