Global Information site~siruzou

サッカーの起源はイングランドでしょう?~いえ、本当は中国かもよ!

サッカー

世界でもっとも人気の高いスポーツとまで言われているサッカー。

あらゆるスポーツの中でも、特に力を入れている国も多く、世界一を決めるFIFAワールドカップはオリンピックとならぶほどに世界が注目する一大イベントとなっています。

これだけ高い人気を集めているサッカーですが、実はその起源ははっきりとしておらず、世界中が起源を主張しています。ここではそれぞれの国の主張をチェックしてみましょう。

古代ローマ時代には格闘技!?

競争の激しいヨーロッパきっての強豪国イタリア。今年開催されるワールドカップでもやはり優勝候補に名を連ねています。

スポンサーリンク

そんなイタリアだってもちろんサッカーの起源を主張しています。彼らは古代ローマ時代からボールを足で操るスポーツが存在しており、それが今日のサッカーの起源になった…そうアピールしています。

しかし、このスポーツ、現在のサッカーというよりもどちらかというと格闘技的な色が強かったようです。

イタリア起源説の根拠はこれだけではありません。15世紀頃に流行したボールを使ったスポーツ「カルチョ」。これは現在のサッカーと極めてにており、ルーツであると主張する学者も少なくありません。

いずれにしてもボールを足で蹴る、操るという要素はしっかりと存在していますので、サッカーのルーツとなった可能性は十分にあるでしょう。

あらゆる文化の発祥は中国!だったらサッカーも中国発祥?

中国の国旗とサッカー少年
イタリアと並んで有力な説の一つとなっているのが中国発祥説です。

スポンサーリンク

前漢の時代からの伝統文化の一つである「蹴鞠(しゅうきく)」というボールを使った遊びがサッカーの原型という説も有力なものです。

これがシルクロードをわたってヨーロッパへ、そして世界へ広まっていった…そう言われればとても説得力のある説のように思われます。

筆者が中学生のころ、イングランドが起源だと習いました

あらゆる説の中でも、もっとも浸透しているのがイングランド起源説でしょう。筆者は中学生のころ、保健体育の授業で習ったことから、長い間サッカーの紀元はイングランドであると思い込んでいました。

この説の根拠となるのがイングランドに古くから伝わるお祭りです。一つのボールを街から街へと移動させるとても大規模なサッカーのような儀式が行われていました。

やがて、これがゲーム性を持つようになり、現在のサッカーへと変化した…と言われています。

どれが本当のサッカーのルーツなのかは現時点では判明していません。ただ、多くの国で古くからボールを蹴るという行為がおこなわれていたことは確かです。

もしかすると、ボールを見ると蹴りたくなってしまうのが本能なのかもしれません。

こうして考えると、サッカーが世界中でこれだけ支持されていることにも納得できるのではないでしょうか。

Byチリペッパー眞木

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る