Global Information site~siruzou

一人暮らしの女性が嫌がらせやいたずらから身を守るために出来ること

Adversity

一人暮らしの女性は、嫌がらせやいたずらの被害を受けやすいものです。

ここでは、一人暮らしの女性に対する自宅に対しての嫌がらせや、いたずら電話などの行為を受けた場合の対処法を紹介します。

部屋に男性が同居していると思わせるのがポイント

まず、一人暮らしをしている女性の自宅に対して嫌がらせを防ぐ方法ですが、そこに男性が住んでいることが連想されるようなものを玄関周りや、ベランダに設置しておくと効果的です。

たとえば玄関の外側に男性用の大型の傘を設置しておいたり、ベランダに男性物の洗濯物を置いておけば非常に効果的です。

スポンサーリンク

女性の一人暮らしでなく、その部屋には男性が同居していることをうまく装うことができれば、防犯上非常に有効ということが言えます。

女性への嫌がらせは単に恨みが原因になることばかりではなく、、加害者が性的な欲求を満たそうとしたり性的ないたずらを目的に行うこともあります。

そのため、男性が男性が同居していると思わせることで、そういった性的な妄想は消えうせ、嫌がらせ行為も収まる可能性が高くなります。

ただしこの解決方法で注意が必要なのは、あらかじめ交際相手の男性には防犯上の理由で置いてあることを説明しておくことです。

そうしないと、変な勘違いをされて2人の間の関係をこじらせることにもなりかねません。

携帯や固定電話に電話がかかってくる場合

不安な表情の女性
女性の一人暮らしの場合、いたずら電話が頻繁に掛かってくるというケースも多いです。

携帯電話であればキャリアの方でさまざまな対策がサービスとして行われています。

指定番号着信拒否・迷惑電話撃退サービスなどを利用したり、また機種ごとにある夜中に電話がならないオートパワーON/OFF機能・電話帳に掲載した番号以外は着信しない機能などを使えばかなり効果があるでしょう。

自宅にある固定電話の場合も、同様のサービスや機能がたくさん用意されています。

ナンバーディスプレイ・ナンバーリクエスト・迷惑電話おことわりサービス・二重番号サービスなどをうなく活用するといいでしょう。

また、最近ではメールや通信アプリでいたずらや迷惑な行為が繰り返されることが多くなっています。

迷惑メール対策のサービスがあれば、アプリの機能として通信をブロックすることができる場合もありますので、自分の使っている機種でどこまで利用できるかを調べておくようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Pocket
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

知る蔵のTwitter~フォーローをお願います

知る蔵グループ関連専門サイト

ページ上部へ戻る